※1...アルカロイドという化合物の仲間。摂取により血管が拡張し循環血流量が増加する結果、腎臓を通過する血流量も増加して尿量が増えてトイレが近くなる。興奮性神経伝達物質の増加により、気分高揚、集中力向上、眠気の消失、疲労感の軽減が起こる一方、睡眠の質の低下や手の震え、痙攣をを引き起こす。その他に、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐等の副作用もある。

 

※2...アマゾン流域に野生するつる植物の一種で、種子にカフェインやタンニンが豊富に含まれており、ここからアルコール抽出したエキスは疲労回復や滋養強壮に用いられる。果実は小さく丸く、房状に生る。果皮は赤く、熟すると実が弾け、黒い種が現れる。ガラナの種子にはカフェインやタンニンが豊富に含まれており、ここからアルコール抽出したエキスは疲労回復や滋養強壮に用いられる。日本でも、炭酸飲料であるガラナ飲料が知られる。もともと先住民のマウエー族やムンズルクー族などのインディオに古くから薬用品・滋養飲料として愛用されていた。

 

※3...生体内で重要な働きを示す分子で、含硫アミノ酸(硫黄を含むアミノ酸の総称)から合成される。筋肉に最も多く含まれ、心臓や脾臓、脳の一部、網膜、白血球中にも高濃度含まれている。哺乳動物の成長に重要な筋肉に多く含まれるほか、栄養素で母乳中にも存在し、腸管で脂質の消化・吸収を助ける。コレステロールの消費を促進するので、血液中の脂質を改善する働きもある。眼の網膜機能障害がタウリンの欠乏に関連していることも報告されている。人の体内でもタウリンは生成されるが絶対量が少ないため、対外からの摂取に頼ることになる。魚介類や軟体動物に多く含まれる。

 

※4...オタネニンジン。中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域を原産とし、中国東北部やロシア沿海州にかけて自生する薬用植物。主な薬用部位は根で、糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効能があり、古くから服用されてきた。自律神経の乱れを整える作用もあるとされる。しかし過剰摂取・長期摂取により、不眠や高血圧、頭痛、アレルギー性皮膚炎などの副作用を引き起こす危険性もある。

 

※5...糖類は、単糖類および二糖類の総称。単糖は糖の最小単位で、ブドウ糖や果糖が代表例。二糖類は、単糖が2つつながったもので、ショ糖、麦芽糖、乳糖などがある。異性化糖は、人工的に作られたブドウ糖と果糖の混合物。