本当はもっと早くに書くべきだったのですが、PSY(本名:パク・ジェサン)の「江南スタイル(Gangnam Style)」は、世界中を席巻していますね。韓国初の世界規模の大ヒット。英国も含めヨーロッパの殆どの国で1位、他国(英国を除いて)の楽曲がヒット するハードルが高いアメリカでも、ビルボード2位という快挙です。YouTubeでは再生回数7億回を突破。

 

この曲がどうしてここまでの大ヒットになったかについては、海外も含めていろんなところで書かれています。列挙してみるとこんな感じ。

 

○LMFAOなどの流行のEDM的パーティーサウンド
○K-POP的リフを駆使した中毒性
○真似したくなる馬ダンス
○ユーモアに富んだ完成度が高いクリップ
○YouTubeという媒体、その加速効果
○著名ミュージシャンによる拡散効果
○パロディーによる拡散効果
○アメリカのメディアにも対応できるPSYの語学力
○エンターテイメント産業輸出を国策とする韓国

 

根底にPSYの動画も含めた楽曲の力があり、上に挙げた特性が複合的に加速要因となったと考えますが、英語圏にいないアーティストの場合、Lady GagaやMaroon 5がヒットするようなものではなく、別の特殊要素が必要ではないかと。PSYがある意味、わかりやすい韓国男性ステレオタイプとして(ここで動画は重 要)、「Gangnam Style」という「意味が分からない外国語」を歌う異文化の雰囲気(エキゾチズム)を西洋人にも分かるレベルで表現したというのが、大きいと僕は考えま す。

 

これは、K-POPが流行っている日本で、この曲があまり流行っていない(現在のところ)理由にもなると考えます。日本であまりプロモーションをしていな い、日本語版がないとかいう理由もあるのでしょうが(領土問題による両国の緊張が理由というのには僕は否定的です)、日本で流行っている主流のK-POP の人たちは、東方神起、超新星、KARA、少女時代など美男美女指向のアイドル的存在。曲が好きというのもあるでしょうが、誰々が好きというのが大きな購 入動機になっていると思われます。その点では、PSYは枠外。また、「Gangnam Style」からのエキゾチズムは、日本人にはその近距離感からも訴求力が弱いのかと。

 

ちなみに、僕は好きですよ。オリジナルも良いけど、特に、featuring 4minuteのキム・ヒョナ ver.「お兄さんはぴったり私のスタイル」(笑)。