メルマガを読まない理由1位は「配信本数が多すぎる」 ってMarkeZineの記事。

 

読まなくなったメルマガ、たくさんある。
とくに最近は激増。というか、もうさっぱり読んでない。
「なんでだろう?」と考えてみた。
アンケート調査の結果上位3項目、
「受信する本数が多すぎる」
「内容が面白くない」
「自分が欲しい情報が送られてこない」
どれでも当てはまるような気もする。

 

ぼくがアンケート調査を受けてたら、このへんの選択肢に丸つけてるなってぐらいには当てはまってる。
でも、同時に、どれもピンとこない。
本当じゃない感じ。

 

数日、ぼんやりと考えて気づいた。
あ、おれ、メールそのものを使う頻度が激減してる!
そうなのだ。
以前は、知人とやりとりするとき必ずメールだった。
メールを日に何度かチェックしていた。
だが、今では、知人とのやりとりはメールだけじゃない。
twitterのダイレクトメッセージだったり、Facebookのメッセージだったり、iPhoneのメッセージやLINEだったり、だ。

 

メールでやりとりすることが減ったので、必然的にメールチェックの頻度も減った。
さらにGmailも使っていて、以前メルマガを購読したアドレスそのものをあまり使わなくなった。

 

そうなると、チェック時にはメルマガが何本もたまってしう。「受信する本数が多すぎる」気持ちになる。めんどうになって読まなくなってくる。消すときに、 ページの最初だけがちらと目に入るが、消す気で眺めるだけなので「内容が面白くない」し、「自分が欲しい情報が送られてこない」感じだ。

 

だから、なんとなく当てはまる気はするけど、本当の理由じゃない感じがしていたのだろう。

 

ぼくにとって、「メールそのものを使う頻度が減った」のがメルマガを読まなくなった原因だ。

 

アンケート項目に「メールそのものを使う頻度が減った」という選択肢はあったのだろうか?
気になる。
もし、その項目があったら、はっと気づいて、それを選んだだろう。
だけど、その項目がなかったら。
本当の理由は、思いつかない。

 

ぼくは、何となく違うなと思いつつも、まあ、このへんだろうな、とアンケートの選択肢の上のほうに書いてあるものに丸をつけるだろう。
ひとは、自分のことでも本当の理由になかなか気がつかない。

 

だから、「メールそのものを使う頻度が減った」という選択肢があったのか?アンケートの選択肢の上側に書いてあった項目は何だったのか?
ということが知りたかった。

 

アンケートを行った「株式会社ディレクタス」を検索してみた。
アンケート結果のプレスリリースは、あった。
でも「どのようなアンケート用紙だったのか」は見つからなかった。

 

調査方法で、結果なんて大きく変わる。
調査方法の詳細をしっかりと出してほしい。せめて調査時のアンケート用紙ぐらいは公表してほしい。
そうじゃないと、どれぐらい信用がおけるかどうかが測れないよね。