2013年 手帳は大きくシンプル 手書き人気堅調

文具店や量販店の売り場に来年の手帳が並ぶようになった。A5版などの比較的大きなサイズで、シンプルなページが売れ筋という。一方で、普及が進んだ「スマートフォン(高機能携帯電話)」との連携を意識した高機能な商品も目立っている。
[読売新聞社 2012年10月11日]

 

スケジュール管理を手帳でやるか、それともスマートフォンに移行するか……。 今年もなんとなく決めかねたまま、新しい手帳を手に入れたい季節がやってきてしまいました。

 

現状ではGoogleカレンダーとiPhoneの「超整理手帳」アプリ、机の前には紙の大判カレンダー、手帳の4つを使用。手帳は一時期、クオバディスを使っていたけれど、最近は超整理手帳にシフト。

 

でも、もっと書き込めるスペースが欲しくて、時期はずれに別の手帳を買ってみたり、でも使いこなしきれずにウロウロ。

 

2〜3年に1度、ほぼ日手帳を購入しては、使いきれずに……。 いい加減買うのをやめればいいのにと思うのに、忘れた頃にフラっと買ってしまう。

 

自分の生活パターンに合ってないからこそ、使いこなせなかったはずなのに。でも、この手帳を使うような生活をしたいというくすぐりに負ける……の繰り返し。

 

何度も失敗してるのに! 手帳選びにかこつけて、なりたい自分選びという遊びの時間を過ごしてるのかも。いや、今年は買いません買いません。といいながら、ほぼ日のサイトを見てしまうわけです。