主婦の約6割が夫に「隠し事」

主婦の約6割が夫に隠し事を持っていることが、マーケティング会社「ハー・ストーリィ」(東京都港区)の調査で分かった。(中略)「夫に隠し事があ る?ない?」の質問で、58%が「ある」と回答。具体的な隠し事(複数回答)について、一番多かったのは「内緒のへそくり・貯金」(54・5%)。「お小 遣いの使い道(買い物)」(29・3%)が続き、家庭内の金銭管理を秘密にしている傾向にあった。浮気については、「過去」(10・7%)と「現在」 (2・5%)を合わせて13・2%となり、約10人に1人の主婦が浮気を隠していた。 【2012.11.1 08:32 産業経済新聞】

 

貯蓄特集などでよく言われることのひとつに「家計の透明化」がある。夫婦がお互いに、何にお金を使っているのかを“見える化”しておけば、ムダ使いも自然と減り、お金が貯まりやすくなるという。

 

共働き家庭が増えるにしたがって、「夫婦別財布で、必要な生活費だけを出し合う」というライフスタイルが、ある種のブームのようになった時代もある。しかし、この方法だと、なかなかお金が貯まらないというのだ。

 

「(私は貯蓄が苦手だけれど、向こうはきちんと貯蓄してくれているだろう」と夫と妻、双方が思いこんだまま、何年もの月日が流れ、結局ふたをあけてみたら、まったく貯蓄されてなかったという、笑えないオチが待っていることもしばしばあるとか。