11月22日は、「いい夫婦」の日ですね。

 

今年は連休前なので、思い切って22日もお休みにしちゃって、夫婦でちょっとした海外旅行へ・・・なんてのもいいかもしれませんね~わたしのところに来られるお客さまも「いい夫婦」な方が多いのですが、「いい」のカタチはさまざま。

 

ぴったり意見があってる「仲良し」夫婦もいれば、お互いの持ち味を尊重して、「これはあなたにお任せ」夫婦。あーでもない、こーでもないと意見を言い合う「合議制」夫婦。どのご夫婦も「いい夫婦」です。

 

 「いい夫婦」だから分けなきゃいけないモノ

 

仲良しなのは良いのですが、仲が良くても、きっちりと分けておく必要のものがあります。それは、生命保険。

 

生命保険の中には、「夫婦型」や「配偶者特約」といった形で、だんなさま(または奥さま)の保険とセットになって二人の万が一に備えることができる商品があります。ぱっと見は保険料も別々で加入するよりも割安で、申し込みもカンタンですから、これらの保険には次のような落とし穴があります。

 

・主契約がなくなると、特約もなくなる 

 

: 例えば、ご主人の死亡保険を主契約として、ご夫婦の医療保険を特約 で加入していたとします。万が一、ご主人がお亡くなりになった場合、主契約で死亡保険金が支払われて、この保険は契約が終わってしまいます。契約が終わっ てしまうと、残された奥さまの医療保障がなくなってしまいます(保険商品によっては、特約のみの保険料を一時払いするなどで保障を継続できる商品もありま す)

 

・ご主人の保障より小さい保障しか奥さまには付けれない 

 

: 例えば、ご主人の医療保険の夫婦型として、奥様の医療保障を付けた場合、ご主人の保障の6割しか保障が付けれない、といった制限があります。そうなると、 奥さまの保障を最低限と設計した場合、ご主人の保障は1.4倍となり、結果として保険料も割高になる可能性もあります。

 

生命保険は家族に万が一があった場合の際に生活が困らないために準備するための道具です。「安いから」「楽だから」とカンタンに考えずにしっかりと考えて選んでくださいね