肥満警官に減量計画 インドネシア

 

急速な経済成長により生活レベルがアップしたインドネシアでは、肥満の割合が急成長。そのため首都ジャカルタ近郊のタンゲラン市警本部が、このほど肥満の警官を対象にした減量プログラムを導入したということです。

 

このニュースを見て私が思ったのは、金遣いは荒くなっていないか?部屋は散らかってきていないか?ということです。

 

まずはじめにお断りしますが、今回私が書く「肥満」とは、生まれながらの体質とか病気で太ってしまった方ではなく、生活習慣によって太ってしまった方をさします。私自身、持病の治療の副作用で一気に体重が増加した経験もありますし、逆にスポーツジム通いにハマってかなり引き締まった体をしていた時期もありましたので、あくまでも生活習慣の話だとご理解頂きたいと思います。

 

何故、わたしがこのニュースを見て、インドネシアの人たちの金遣いはどうか、部屋の汚さはどうかと思ったかというと、私の節約アドバイザー・家事アドバイザーという仕事柄、テレビのロケで、浪費家の方の家計診断や汚部屋の方の片付け診断などに行くことがあるからです。

 

実は、浪費家の方や汚部屋の方は比較的ぽっちゃり体型の方が多いのです。この仕事をはじめてしばらくはこのことを不思議に思っていたのですが、診断をしながらその原因をつきとめていくうちに、納得できました。

 

生活すべてがズルズル。ストレートに言ってしまえばだらしがない。自分を正そうとしていない方々だったからです。そのため、汚部屋であり、浪費家であり、肥満であるという3つを揃えてもっている人が多くいました。言ってしまえば、すべてがダメになってしまっている人。

 

でも、これはチャンスでもあるのです。汚部屋、浪費、肥満の3つを持ってしまっている人でも、どれか一つを「しっかりやっていこう」と思い、実際に行動しはじめた瞬間から、他の2つも自ずと整ってきて、お金を貯められ、部屋もキレイになり、体もスマートになっていくのです。

肥満とか浪費家とかの話に続けて、この方を紹介するのは誤解を受けそうなのですが・・・。

 

数年前からお付き合いをさせて頂いている、放送作家でありPRコンサルタントの、野呂エイシロウさんという方がいらっしゃいます。先日出版された「毎日◯☓チェックするだけ なぜかお金が貯まる手帳術」という本が、現在大人気です。野呂さんはもともと節約好きだったわけではなく、かなりの浪費家だったとのこと。

 

放送作家という華やかな業界のお仕事ですし、バブル時期を経験されているので、浪費ぐせもつきやすかったのでしょう。それを一念発起、「これではいけない」と思い、お金を管理されるようになり、みるみるお金が貯まってきたそうです。

 

そして野呂さん。実はぽっちゃり体型なのですが、昨年から毎朝ジョギングをするようになり、体重もみるみる減ってきていらっしゃることをFacebookなどでも報告されています。生活習慣を変えるということは簡単なことではありません。野呂さんを拝見していると自分で努力されている以外の何ものでもないことがわかります。

 

野呂さんのお部屋が散らかっているかどうかは、私は存じ上げませんが、今、おそらく整理整頓された空間に暮らしていらっしゃることでしょう。

 

ここまで、「肥満、浪費、汚部屋は3つセットのことが多い」と書いてきましたが、もちろん2つの方もいると思います。お金がたまらなかったり、部屋が汚かったり、体型が太ってきてしまっているということが自覚できる方は、これはチャンスだということも認識してください。

 

仕事がなくてお金が貯まらないとか病気で太ってしまうとかでない限り、自分のやり方次第で、どんどん生活は整っていくのです。生活習慣というのは一度崩れると、やけになりがちですが、そうはならずに「チャンス!」と思って生活を立て直してみてはいかがでしょうか?

 

一番簡単なことであり、一番難しいことなのですが、生活習慣による「肥満、浪費、汚部屋」を好転させるために闘う相手は、自分だけなのです。