アラフォー女性に! 秋のおしゃれデニムコーデのコツ

この秋おすすめの大人なデニムコーデはこちら!

この秋おすすめの大人なデニムコーデはこちら!

暑い夏を過ぎ、秋はデニムを満喫できるシーズン! ですが、定番のカジュアルアイテムなので、気を抜くとザ・無難なコーデになってしまうことも。今年らしさも意識しながらおしゃれ感のあるデニムコーデを楽しみたいですよね。

今回はこの秋、アラフォー女性におすすめのおしゃれデニムコーデの作り方についてお伝えします!
 

ブルーデニムには首元のV開きで女性らしさを

ブルーデニムにはとろみ素材のシャツが相性抜群 出典:WEAR

ブルーデニムには首元のV開きが相性抜群 出典:WEAR

カジュアルな定番のブルーデニム。大人っぽく着こなすなら、秋は首元がVに開くトップスを合わせるのがおすすめです。シャツでもジャケットでも、ボタンを開けて首元にVのラインを作ると、顔がすっきり見える効果が。やりすぎない程度に少し肩を落とすことで、女性らしい印象にもなります。そして、手首のロールアップなど全身のバランスを調整すると、あか抜けた雰囲気に。

太めデニムにはダークカラーのシャツが秋らしくておすすめ 出典:WEAR

太めデニムにはダークカラーのシャツが秋らしくておすすめ 出典:WEAR

薄いブルーのデニムは春夏の印象が強いですが、ダークカラーのトップスを合わせると季節感が出て、秋でもまだまだ着られます。

ただ、薄いブルーのデニム&Tシャツやスウェットの組み合わせはラフに見えることもあるので、おしゃれ感が欲しい時には、抜け感が出るシャツやブラウスが正解。

甲が見えるシューズを選ぶと足元が華奢な雰囲気でまとまり、デニムの太さをカバーする効果もあるのでおすすめです。
 

マウンテンパーカにはホワイトデニムを合わせて

この秋のトレンド、マウンテンパーカと白デニムは相性良し 出典:WEAR

この秋のトレンド、マウンテンパーカと白デニムは相性良し 出典:WEAR

今年も流行継続中のマウンテンパーカ。軽く羽織りやすくて便利ですが、そのままデニムにスニーカーなどを合わせると、スポーティーになりすぎておしゃれ感が出にくいことも。

そんな時はホワイトデニムを合わせてみるのがおすすめ。パーカのスポーティーさを、白デニムが明るく、洗練された印象に仕上げてくれるので、都会的なスポーツミックスコーデが作れます。色使いはあまりカラフルにせず、同系色でとどめておくのがこなれ感を出すコツです。
 

太めデニムはショートジャケットで軽やかに

体型カバーができる太めデニムにはショート丈ジャケットが◎ 出典:WEAR

体型カバーができる太めデニムにはショート丈ジャケットが◎ 出典:WEAR

アラフォー世代になってからは、スリムデニムよりも動きやすく体型カバーもできる、太めのワイドデニムを選ぶようになった、という方も多いのではないでしょうか。

ただ、この上にさらに体型を隠すような長め丈のゆるいアウターを重ねてしまうと、シルエットにメリハリがなく、全体的に大きくルーズに見えてしまうことも。

ワイドデニムは普通のパンツよりも生地にハリがあり肉感を拾いにくいアイテム。そのため、体に合うワイドデニムをしっかり選んだら、ここでの体型カバーはデニムに任せ、アウターはウエストジャストぐらいのショート丈アウターを選び、目線を上げることに徹したほうが、結果的にスタイルよく見える効果が得られます。
 

デニムスカートにはブーツで大人っぽく

フレアシルエットの長め丈デニムスカートはブーツ合わせが一押し 出典:WEAR

フレアシルエットの長め丈デニムスカートはブーツ合わせが一押し 出典:WEAR

デニム生地のスカートは、タイトなシルエットもかっこいいですが、生地の厚さ、足さばきなどの動きやすさ、体型カバーを考えると、大人にはフレアシルエットがおすすめです。

デニムフレアスカートだと子供っぽくなるのが気になりますが、秋冬はブーツが合わせられるので、大人っぽくシックに着られてまさに取り入れ時。スカート自体がカジュアルなので、ブーツで隙間をつなげて足元が目立たないようにし、他はシンプルにまとめると、上品な大人カジュアルコーデのでき上がりです。
 

新しもの好きな方に! サロペットもひそかなトレンド

デニムやコーデュロイなど、この秋はサロペットも人気です 出典:WEAR

デニムやコーデュロイなど、この秋はサロペットも人気です 出典:WEAR

この秋、久しぶりに注目されているのがサロペット。キャミソールのように細い紐の女性らしいデザインから、コーデュロイやデニムのカジュアルタイプまで、多く出ています。

デニムのサロペットは基本的に脚のラインも太めのストレートが多いですし、上半身からつながっているので、ウエストやヒップラインも目立たず体型カバーできるのがメリット。「ウエストがキツイ、食い込む」ということも起こらないので、楽チンに過ごしたい日にもぴったりです。

幼くならないためには、シャツやジャケットなどラインがシャープなものを合わせたり、足の甲が出る抜け感シューズやレザーバッグなど、小物を大人っぽく統一するのもおすすめ。

定番のデニムこそ、着こなしを変えるとまた新鮮な雰囲気が楽しめます。ぜひ色々試してみてくださいね!