おばさん見えしない! パンツコーデ・選び方

WEAR

おばさん見えしないパンツの選び方とは?

年齢を重ねるにつれ、「トレンドを追うのはちょっと……」と、どんなファッションに身を包めばいいか、お悩みの大人女性が多くなっています。アラフォー世代になったら、うっかりおばさんっぽく見えないよう、トレンドを適度に取り入れ、体型カバーが叶うファッションを意識するのが正解です。

今回は、体型が如実に出るパンツコーデのポイントをご紹介します。早速、見ていきましょう!

 

大人女性はテーパードパンツを味方につけて

WEAR

出典:WEAR

腰回りにややゆとりがあって、裾に向かって細くなるテーパードパンツ。脚がすっきり見えるうえに脚長効果も狙えて、デキる大人女性に映ります。

クロップド丈のテーパードパンツにパンプスを合わせれば、ちょっと辛口なキレイめスタイルが完成して、オフィススタイルにもぴったりです。
 

ワイドパンツは合わせるシューズが要

WEAR

出典:WEAR

脚のシルエットをカバーして、上品かつ大人っぽく着こなすことができるワイドパンツ。アラフォー世代には、お腹やお尻の体型カバーが叶うので定番のアイテムですよね。

ですが、身長の高くない方が、ワイドパンツにスニーカーやフラットシューズを投入すると、残念ながらスタイルアップが狙えず、おばさん体型に映ってしまうので注意が必要です。

若い人がスニーカーを合わせるのはカジュアルでいいのですが、大人世代になったら、ワイドパンツをはいたら、足元はヒールを持ってくると、洗練された印象を醸し出すことができます。
 

甘いトップスは辛めパンツで引き締めて

WEAR

出典:WEAR

春に流行するレースや刺繍、花柄、ラッフル、ボリュームスリーブなどの甘めのトップスには、キリっとした印象を醸し出すセンタープレス入りのパンツやデニムといった辛めのボトムスを合わせると、大人女性の余裕を感じさせることができます。

スウィートなトップスに、甘いボトムスを投入すると、年相応に見えず、イタイ人というレッテルを貼られてしまうことも……。大人世代がコーデを組む際は、甘さのさじ加減が重要になってきます。


以上、おばさんにならないパンツコーデと選び方を紹介しました。これを参考に、パンツを上手にコーデに取り入れて、スタイルアップを叶えてくださいね!

===========================
【取材協力】
WEAR(ウエア)
===========================