ボーナスが支給される前に、「使う」、「貯める」を計画する

2018年冬のボーナスの平均額は75万3389円(上場企業平均。一般社団法人 労務行政研究所調査)。2008年のリーマンショックの影響を受ける前の水準を超えました(2018年冬のボーナスはいくら?上場企業平均は75万3389円)。長く続いたデフレで節約志向が浸透し、消費拡大に直結しないとの見通しを立てている調査機関もありますが、これまで思うように貯蓄に回せなかった世帯は、この冬のボーナスを契機に、家計体質を強化させることを考えてみましょう。
 
そのためには、ボーナスが支給される前に、使い道を明確にしておくことが何よりも大切です。

 

冬のボーナスをきっかけに、家計を強化!

冬のボーナスをきっかけに、家計を強化!


最低限、考えておくべきポイントを5つ紹介します。各家庭で優先順位は異なるかもしれませんが、一つでも思い当たることがあれば、ぜひ、やってみてください。
 

1.   赤字があれば、即刻解消。ボーナスは特別支出用にプールする

何よりも優先すべきなのは、赤字解消です。夏のボーナス以降、家計支出が膨らんでいませんか? 夏のボーナスで消費が多かった人は、その後の家計が緩みがち。再度引き締めが必要ですが、きっかけがないと、ずるずると引きずってしまい、赤字家計に転落したままで、貯蓄しても取り崩しを繰り返してしまいます。毎月の家計に赤字があれば、冬のボーナスで、速攻解消しましょう。
 
赤字といっても、家計管理の仕方によって違います。銀行の普通預金口座が赤字になっていたら(定期預金などを担保にした自動貸越)、すぐに返済を。貸越の金利は定期預金金利以上です。貯蓄からの取り崩しで赤字を補てんしていた場合は、まずはその穴埋めをしましょう。
 
毎月の家計は赤字ではないけれど、年間を通して貯蓄が増えていない、という場合は、ボーナスなどまとまったお金が入ったときに、大きな買い物をして使いすぎていたり、突然の出費に備えた貯蓄をしておらず、その場しのぎでやりくりしている可能性があります。
 
こうした場合は、突然の出費や年に数回あるまとまった金額の出費のための口座を作り、ボーナスをそうした出費のためにプールしておく、というやり方がおすすめです。毎月の家計で赤字を出さないことも大事ですが、年間で俯瞰して家計管理をすることも大事です。
 

2.   貯蓄額を決め、先取りする。ボーナスキャンペーンの情報もチェック

買いたいもの、使いたいことがあり、ボーナスを楽しみにしている人も多いでしょう。しかし、それで残ったお金を貯蓄しようと思っても、お金を貯めることはできません。貯蓄の基本ではありますが、毎月の給与天引きなどで貯蓄をするのと同じように、ボーナスから先取りの貯蓄をすることが、貯蓄・家計の体質改善の早道です。
 
さらに、先に貯蓄をしてしまえば、あとは自由に使っていいお金と考えることもできます。その残ったお金で、買いたいもの、やりたいことの計画を立てれば、使いすぎも防げますし、限られた予算のなかでやりくりする力も身につくでしょう。
 
先取りするには、勤務先に財形貯蓄があれば、財形貯蓄が優先。ボーナス時の天引きもできます。銀行の自動積立定期を利用しているなら、ボーナス時に増額の指定をしておきましょう。こうした自動的に先取りできる貯蓄を利用していない場合は、自分で預け先を決めなければなりません。
 
数は少ないですが、冬のボーナスの時期に合わせて、金利上乗せキャンペーンなどを実施する金融機関もあります。新規に口座開設するとなると、早くても2週間程度はかかってしまいます。昨冬、今夏のキャンペーンの状況などをチェックして、早めに行動することが大事です。また、常時、金利を高めに設定している銀行もありますので、いつもとは違う銀行を利用してみるのもいいでしょう。
 
その際、100万円単位、100万円以上など、まとまった金額の預け入れで金利優遇が適用されるところも多いので、自動積立定期などでまとまった金額があれば、ボーナスの貯蓄分と合わせて預け直すことも検討しましょう。
 

3.   すぐに決められなくても、普通預金口座から別の口座へ

年末に向けて、何かとあわただしく、じっくり考える時間がない、という場合もあるでしょう。そうした場合でも、ボーナスが振り込まれたままにしておいてはダメです。普通預金残高が多くなると、気持ちも大きくなり、いつの間にか使ってしまうことになりかねません。こうしたことが家計膨張の大きな原因でもあるのです。
 
普通預金口座は、あくまでも生活資金+予備費と考え、多額の資金をほったらかしにしていては、お金は一向に増えません。いったん定期預金にするのもいいし、常には使っていない口座があれば、移し替えるなど、生活資金とは別にしておくことが大事です。移し替えるための検討期間が必要なら、2週間満期定期など、短期の定期預金も有効に使えるでしょう。
 
2で紹介した、キャンペーンも最近は長期化しており、2月3月まで適用期間とするところもあるので、焦って預け替える必要はありませんが、その準備だけは、やはり早めにしておきたいものです。
 

4.   住宅ローンの繰り上げ返済は余裕資金で

住宅ローン返済中の場合、ボーナスからの繰り上げ返済を検討している人が多いでしょう。その場合、上記、1~3を優先して実行したのち、いくらなら繰り上げ返済できるかを考えるようにしましょう。早くローンを完済したいと頑張るあまり、子どもの教育資金など本来必要な貯蓄が不足してしまうのは、順番としては間違っています。ボーナス時の返済を当初から組み込んでいる場合、その金額は織り込み済みのはず。それ以上の繰り上げ返済は、余裕資金で行うようにしましょう。
 
ましてや、ここ数年のうちに住宅ローンを借りた人は、相当な低金利で借りられています。もしも、現在の金利と比較して、0.5~1%以上の金利差があるのなら、繰り上げ返済よりも「借り換え」を検討しましょう。そのほうが、ローン返済がラクになり、浮いたお金は貯蓄に回せます。
 
とかく、繰り上げ返済が美徳のように語られたりしますが、早く完済するのを競うがごとく、繰り上げ返済をするのは、本末転倒。定年退職までには完済しましょう、というのもマネープランのセオリーですが、そのセオリーも変わりつつあります。60歳定年ではなく、65歳、70歳まで再雇用、継続雇用などで働くつもりであれば、退職金で一括返済する必要もありません。要は、各家庭の事情によって、教育資金の確保が先か、繰り上げ返済をするのかを決めればいいのです。
 
繰り上げ返済もひと昔前は、50万円、100万円とまとまった資金が必要でしたが、今は少額でも、いつでも繰り上げ返済ができる銀行が増えています。自分が借りている銀行の繰り上げ返済の仕組みを、今一度確認し、全力で繰り上げ返済に回すことなく、できる範囲で行えばストレスもないでしょう。

【関連記事をチェック!】
ボーナスで住宅ローン繰り上げ返済は正しい?
 

5.投資はいつからでもできるが、1日でも早く始めるのがトク

いつもよりボーナスが増えたからと、投資をしてみようと考える人もいます。考え方としてはいいのですが、すぐに株や投資信託など投資商品を買う必要はありません。投資はいつでもできるのです。もちろん最初は証券口座を開設する必要があるので、すぐに投資商品が買えるわけではありませんが、それを幸いと考えて、年末年始に投資について勉強するといいでしょう。
 
相場は上がったり下がったりを繰り返します。今買わないと後がない、ということはありません。まずは証券口座(または証券口座と連携している銀行)に資金を移動させることを第一に考えて、じっくりと投資と向き合うようにしたいものです。
 
ただし、注意が必要なのは、投資はいつ初めてもいいのですが、一度にまとまった資金で限られた銘柄に投資をしてしまうと、ずっと右肩上がりで価格が上昇すればいいですが、あとになって「高値で買ってしまった。今、これだけの損失が出ている」と、投資への意欲がそがれるどころか、二度としない、と投資そのものを遠ざけてしまう可能性があることです。投資は一か八かのギャンブルではありません。得することもあれば、ソンすることもあります。でも、そのブレ幅を小さくする方法があります。それが「積み立て投資」です。
 
なにもボーナスのまとまった資金で、一度にまとめて購入する必要はありません。ボーナスを原資にし、毎月決まった額で積み立て投資をすれば、相場の変動に一喜一憂することもなく、長い目で投資と向き合うことができます。買うタイミングも悩む必要はありません。
 
今は、個人向け確定拠出年金(iDeCo・イデコ)や、つみたてNISAといった、積み立て投資の制度が整っています。まずは、この二つの制度をじっくり調べて、1日でも早く、積み立てを開始しましょう。早く始めればそれだけ運用リスクを抑えることができ、結果的には利益を多く出す可能性が高まるからです。
 
どうぞ、有意義なボーナスの使い方、貯め方を検討してみてください。