人は注意してくれない! 7月のNGコーデとは

知らずにやっちゃってるかも? 夏コーデのNGとは

知らずにやっちゃってるかも? 夏コーデのNGとは

気温も湿度も高い日本の夏は、着る洋服が快適さをかなり左右します。それなら涼しさ、快適さを最優先したいところですが、見た目が暑苦しい、太って見える、顔と合っていない、などの残念夏コーデもよく見かけます……。そこで、今回はついやりがちな夏のNGコーデについてお伝えしていきます!
 

真夏のデニムは実はとっても暑苦しい!

夏におすすめできないアイテムNo.1は、ずばりデニムです。歩くだけで汗をかくような季節には、実際に履いていても暑いですよね? 定番アイテムなので、あえて「変だよ」と指摘されることはありませんが、その色合いや重ための生地感は、人から見ても暑苦しいと感じる場合がほとんど。特にスリムデニムや、面積の大きいワイドデニムは、ムシムシ湿気の多い日本の夏には向いていないアイテムです。

夏のNGコーデ

デニムをやめてベージュやカーキに変えるだけでも◎

30度近いような7月、8月の真夏シーズンはいっそのこと「デニム無し」で過ごしてみてはいかがでしょうか? ベージュやカーキ、ブラウンのパンツに変える、薄手の夏向け素材を選んでみる、長めのスカートを履いてみる、など、夏だからこその選択肢がいくらでもあります。

ガイド自身も、昨年「夏はデニムを履かない!」と決めて過ごしてみたら気づいたことが山ほどありました。いかに日頃のコーデを考えなしにデニムに頼っていたか、それによって夏用ボトムスの出番が減り、タンスの肥やしになっていたこと、季節に合う、気持ちいい素材のよさを知らなかったこと、珍しくスカートを履くことで少し華やかな気分になれること、などなど。

汗を吸い込んだデニムのお洗濯に悩まなくてもいいし、確実にコーデ力は上がり、断捨離や、回転率の良いクローゼットを作るきっかけにもなるはず。この夏はぜひ脱・デニムで過ごしてみることをおすすめします。
 

アラフォー女性の鉄板ゆったりトップスに注意

街で大人の女性が必ず着ている、少しゆったりめのトップス。体のラインが出ないように、身幅は広めのボックスシルエット、肩回りがドロップショルダーや大きめのフリルでカバーでき、どんな体型の型でも抵抗なく着られるので、ショップでも一番多く見かける形です。

身幅や肩回りのゆったりしたトップスは「ボリュームがある」と心得て

身幅や肩回りのゆったりしたトップスは「ボリュームがある」と心得て

この形は一見ベーシックで何にでも合うトップス、と思われがち。でも、このちょっとゆったりなサイズ感は、人から見ると意外にボリュームがあるんです。自分では着る時もスムーズで、着心地がいいので気づきにくいのですが、特に肩のラインなど、後ろ姿が大きく見え、太って見えることも!

この形のトップスを着る時は、ボリュームが出ていると意識した上で、ボトムスを選ぶのがポイント。腰回りにギャザーの入ったトレンドの長めスカートや、ワイドパンツなど、ボリュームがあるものを合わせると「どっしり感」が強調されてしまいます。なるべくセンタープレス入りのパンツや、きれいめで引き締め色のパンツ、スカートもスッキリしたデザインやハリのある素材、シューズも足の甲が見えるような華奢なタイプを選ぶと、バランス良くまとまります。
 

白トップス&カラーボトムのコーデは顔が負ける場合も

雑誌で良く見かける白トップス×カラーボトムの夏コーデは難易度高め

雑誌で良く見かける白トップス×カラーボトムの夏コーデは難易度高め

夏になると雑誌で必ず見かける白トップス×カラーボトムスのコーデ。夏らしくフレッシュで、白トップスなら何色でも合うので真似しやすいコーデですよね。でもアラフォーになると、真っ白でクリーンなホワイトとヴィヴィッドな発色の組み合わせに顔が負けることがあるので要注意。大人の女性のまろやかな雰囲気と、元気印の白×派手色がチグハグに見えるケースが多々あります。

夏は重ね着やアクセサリー使いでごまかせない分、子供や10代の子がしそうな配色は避けて。真っ白ではなくオフホワイトやベージュ、着るだけでオシャレ感のあるグレージュや他の中間色のトップスに、カラーボトムスを合わせたほうが断然オシャレ度もアップし、しっくり馴染むはず。ニュアンス色のTシャツやトップスは着回しも効くので、コスパ面でも抜群です。

夏は少ないアイテムでオシャレが楽しめる季節。NGポイントを避けた上で、ぜひ色々トライしてみて下さいね! 以上「やってはいけない! 街で見かけた7月のNGコーデ」でした。