20代と30代の恋愛は違う!

30代の恋愛は、20代のとは違う

30代の恋愛は、20代のとは違う

恋愛も20代と30代では随分、変わってくるもの。逆を言えば、30代になったら変えていかなくてはいけない、とも言えます。では、20代と30代ではなにが変わってくるのでしょうか?

20代のはじめの頃の恋愛は、高校生の頃とは違って、ちょっと大人の恋愛をする人も増え、“初めて尽くし”の楽しさもあったはず。そんなときには、シンプルに「好きになった人=付き合いたい人=結婚したい人」となっていた人も多いでしょう。

でも、30代になり、周りにも結婚している人が出てきて、リアルに結婚を考えるようになると、ただただ好きなだけではなく、もっと将来も見据えた「相手選び」がしたくなってくるものです。そのときには、20代とはまた違った基準で、恋人を選ぶようになることもあるでしょう。

20代で結婚することは悪いことではないし、素敵なことだとは思うのですが、個人的な意見を言えば、「“30歳以降の相手”を見てから結婚した方がいいのでは?」と思うところはあります。
なぜなら、20代の頃にカッコよかった人が、30代になっても素敵でいるか?というと、実はそんなことはなく、意外と20代の頃にモテなかった男性の方が、トーク力や包容力、サービス精神を身に付けて、メキメキと魅力的になってきたりすることもありますしね。
逆に、イケメンで何の努力もしないでモテてきた男性ほど、若さを失い、ルックスが劣化したときには、ただただ魅力が落ちていることも多々あります。

 

30歳になると、内面が外見に出てくる!

歳を重ね、若さを失っていくと、今まで「若さ」という魅力で誤魔化されていた、その人の本質が色々と出てきます。それで言うと、それは男女限らず、30歳を境に、見た目、雰囲気などから、男性は「おじさん」と「お兄さん」、女性は「おばさん」と「お姉さん」に分かれていくところもありますよね。
それは「もういい年だし…」と色々なところで諦めているのか、それとも「まだまだこれから。頑張っていこう」と前向きでいるのかが、見た目にも出てくるからなんですよね。つまり、内面が外見にも大きく表れてくるのも、これくらいの年齢からと言えるのです。

もちろん今まで「若さ」で隠されていた相手の本質が表れても、自分自身が“人を見る目”を持たないと、元も子もありません。20代の時は、カッコイイ人、面白い人など“分かりやすい魅力”に惹かれていたとしても、30代になったら、その人のもっと深いところにある人柄(例えば、優しさ、思いやり、心の強さ、誠実さなど)を見抜けるようになった方がいいんですよね。

さらに言えば、人は「自分が持っていない魅力には気付きにくい」ところもあります。例えば、人のさり気ない優しさに気付ける人は、同じように人知れず、人に親切にしている人が多かったりしますしね。
だから、魅力的な人を見つけられるようになるためには、自分も同じくらい魅力を身に付ける必要があるんですよね。逆に、そういった大人の魅力を持つ人になれば、同じように素敵な人が寄ってきやすくなる、とも言えるのです。「類は友を呼ぶ」ものですしね。

30代になると、「自分に求められる魅力」も変わってきます。それについては、次をご覧下さい。