高齢者貯蓄平均 1768万円、貯蓄ゼロは4分の1

老後の生活を考えるときに、多くが心配するのがお金について。いくら貯金があると足りるのだろう?

老後の生活を考えるときに、多くが心配するのがお金について。いくら貯金があると足りるのでしょうか?

老後の生活を考えるときに、多くが心配するのがお金について。いくら貯金があると足りるのだろう?と考えても答えが出ないことも多いでしょう。では、高齢者世帯はどれくらいお金を貯めているのでしょうか? 金融広報中央委員会が調査した「家計の金融行動に関する世論調査 [二人以上世帯調査] [単身世帯調査] (2017年) 」のデータからみてみましょう。

二人以上世帯での世帯主の年齢が70歳以上年収別の金融資産の有無、平均値、中央値。金融資産無が28%と4分の1は貯蓄ゼロとなっているundefined出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査] (2017年)

二人以上世帯での世帯主の年齢が70歳以上年収別の金融資産の有無、平均値、中央値。金融資産無が28%と4分の1は貯蓄ゼロとなっている 出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査] (2017年)

上の表は2人以上世帯で世帯主の年齢が70歳以上の金融資産保有状況を年収別に調査したものです。全体では金融資産非保有が28.3%。なんと、4分の1は貯蓄ゼロということ。また、平均は1768万円、中央値(*)は600万円でした。

*中央値:金額順に並べた時の真ん中になる値
 

収入無世帯は半数以上が貯蓄ゼロ

年間収入別にみてみると、収入無世帯のうち57.1%が貯蓄ゼロ。周りからの支援を受けて生活しているのでしょうが、なんとも心もとない状態です。とはいっても、平均は931万円ですから、収入はなくともある程度は貯めている世帯もしっかりいます。

70歳以上世帯での年間収入は、300万円未満と300~500万円未満の層が一番多くなっています。多くの世帯では、老齢年金が主な収入となるので300万円前後となるのでしょう。

300万円未満の世帯は平均1234万円、中央値500万円。300~500万円世帯は平均1854万円、中央値1180万円という結果に。1000万円程度は貯まっている世帯がある程度あるようです。とはいっても、貯蓄ゼロが2割程度はいるのも現状。同じ年収でも大きな差がでています。
 

シングル60代 貯蓄平均1835万円。年収1200万円以上では平均3憶超え!

単身世帯での世帯主60歳代の金融資産保有有無と平均値と中央値。 出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[単身世帯調査] (2017年)

単身世帯での世帯主60歳代の金融資産保有有無と平均値と中央値。 出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[単身世帯調査] (2017年)

単身者60歳代の貯蓄状況もみておきましょう。60歳代といえばまだ高齢者と呼ぶには早い人もいるでしょうが、高齢者予備軍といえますね。

全体の貯蓄平均は1835万円、中央値は300万円と、2人世帯70歳以上のデータとあまり変わりませんが、貯蓄ゼロは37.3%と少し多くなっています。

収入が高くなると、貯蓄平均、中央値も高くなり、年収1200万円以上で平均3億3125万円、中央値でも4750万円という結果に。この層の半数近くが貯蓄5000万円以上ということですね。シングル高所得はしっかりと貯めている様子がわかります。
 

高齢者世帯:貯蓄有の最多層は3000万円超え

二人以上世帯での世帯主の年齢が70歳以上年収別の金融資産の分布undefined出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査] (2017年)

二人以上世帯での世帯主の年齢が70歳以上年収別の金融資産の分布 出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査] (2017年)

上の表は、高齢者世帯の貯蓄分布を年収別にみたものです。一番分布が多い層には色を付けています。

収入に関わらず、一番分布が多い層は貯蓄3000万円以上となっています。低収入でも1割以上はおり、年収500万円をこえると3分の1が、年収1000万円を超えると半数ほどが貯蓄3000万円以上という結果に。

会社員などは退職金でしっかりと貯蓄を確保しているのでしょう。貯蓄ゼロと貯蓄3000万円以上世帯が多くなるU字型の分布となっています。高齢者の貯蓄も格差が広がっています。それぞれの貯蓄、しっかりと確保して安心して老後生活をおくれたらいいですね。