シャンシャンで盛り上がる街、上野に来た

パンダのシャンシャンが産まれ、母親のシンシンとの公開がこれまで抽選制だったのが、2018年2月1日から整理券制の先着順に変更になった。
きっと上野はシャンシャンでさらに盛り上がっているに違いないとのことで散歩しに来たのだ。

9時50分にうかがったが、ものすごい人

上野動物園 東京都台東区上野公園9-83

前回上野に来たときもパンダで盛り上がっていたが、上野恩賜公園内はもっと盛り上がっていた。動物園の前には行列ができていた。
参考記事:浅草から上野へ!御朱印を集める散歩

すごい行列だが、シャンシャンを見学できるのなら並ぶのも楽しみだろう。

笹を食べるシャンシャンundefined(公財)東京動物園協会undefined提供

笹を食べるシャンシャン。並んででも見たい (公財)東京動物園協会 提供


 

上野精養軒でパンダプレートをいただく

さて、われわれは隣の「上野 精養軒 カフェラン ランドーレ」でランチをいただくことにした。

こちらにもパンダがいた

やはりパンダがいる。上野精養軒 東京都台東区上野公園4番58号

こちらも行列だ。しかし、行列はどんどん進み、テーブルに案内される。
店内は広い。2人、3人、家族連れなど客層はさまざま。お一人様でもきちんと対応してくださっている。

シャンシャン(香香)ちゃん公開記念のメニュー

上野精養軒のパンダプレート

「シャンシャン(香香)ちゃん公開記念」として、限定30食のパンダプレートをいただこうと思うが、限定なので、ドキドキしながら注文。2人とも注文できた。ホッ。

パンダプレートを注文したお客さんにコースターのプレゼントがあった。これはうれしいね。

素敵なデザイン。コースターは2枚入っていた

パンダプレートを注文したお客さんにプレゼントされるパンダコースター

ほどなくやってきたパンダプレート。見た目も楽しいし、食べてもこれまたおいしい。

ライスかパンダが選べ、コーヒーか紅茶が付く

パンダプレート 2500円 限定30食

大人のお子様ランチというかんじで、楽しい。M美さんは、しきりにビーフシチューがおいしいと言う。僕は小海老のフリッターが気に入った。ちなみに手前のパンダミルクパンはほんのり甘くておいしい。

さて、お腹いっぱいになったところで、近くの神社でご朱印をいただこう。


 

2時間で10の御朱印をめざす!

今回の御朱印集めは神社仏閣がかなり密集しているので、かなり巡りやすい。体力に自信のない人でも安心して回れる。
まずは上野精養軒のすぐ隣の東照宮。唐門の前には、カメラ置台があって、セルフタイマーで写真が撮れるようになっていた。

門の前にカメラ置台があるので、セルフタイマーで写真が撮れる

1651年に創建された唐門は国指定重要文化財

こちらで御朱印帳を購入し、今回はここにご朱印を集めていく。

1800円、御朱印込みで2100円

葵のご紋がカラフルになった御朱印帳

上野東照宮でいただいた御朱印はこちら。ちなみに今回はどのご朱印も初穂料は300円だった。

ぼたん苑の時期なので、ボタンの印が!

上野東照宮のご朱印

その隣には上の大仏とパゴダ(仏塔のこと)がある。大仏は人の背ほどの大きな顔だけのもの。

人の背ほどの大きさ

おだやかな表情の上野大仏

こちらにお参りをし、大仏とパゴダの2か所のご朱印をいただくのは、清水観音堂だ。ちょうど人形供養が行われていた。

京都清水寺からご遷座された秘仏ご本尊・千手観世音菩薩が祀られている

清水観音堂 東京都台東区上野公園1-29

まずは、薬師如来。

力強いご朱印

大佛パゴダ、薬師如来の御朱印

そして、こちらが上野大仏の御朱印。

釈迦如来の文字

上野大仏の御朱印

当然ながら、清水観音堂の御朱印もいただこう。

力強い御朱印だ

清水観音堂の御朱印

さらに、このあたりにいくつかの神社がある。
まずは、花園稲荷神社。並んだ鳥居が印象的だ。

花園稲荷神社は恋愛、縁結びの神様として有名

花園稲荷神社 東京都台東区上野公園4-17

こちらでいただいた御朱印。

落ち着いた感じの御朱印

花園稲荷神社の御朱印

さらにその隣には、五條天神社さんがあった。お参りをして、御朱印をいただこう。

鉄パイプが組まれ、お賽銭もかなり手前で入れる

五條天神社 東京都台東区上野公園4-17

五條天神社の御朱印はこちら。

とてもシンプルな御朱印

五條天神社の御朱印

さて、ここで御朱印集めはひと休み。今年のNHK大河ドラマ『西郷どん』の主人公でもある、西郷隆盛の像にご挨拶をしよう。


 

NHK大河ドラマ「西郷どん」ゆかりの地

上野公園で有名なのは西郷隆盛像。こちら。

作者は彫刻家高村光雲

1898年(明治31)に建立された西郷隆盛像。

そうだ、先ほど上野精養軒で買ってきた「西郷せんべい」をいただきましょうか。

8枚入りの瓦せんべい

「西郷せんべい」8枚入り650円

まさに、おせんべいは、この銅像を模した形になっている甘い瓦せんべい。おいしい!

黒門前の激しい戦闘の絵が紹介されている

彰義隊の墓の傍らにある説明板

1868年、江戸城は西郷隆盛と勝海舟の会談により、無血開城となったが、それを不服に思う武士が上野寛永寺に立て籠った。

新政府軍の司令官は長州出身の大村益次郎は寛永寺に集まった武士たちを武力制圧することを計画。大村は、寛永寺の三方に兵を配置し、根岸方向をあけて、逃走経路になるようにしておいたのだそうだ。
新政府軍から宣戦布告がされ、黒門を始め各所で戦端が切られた。本郷にある東京大学のキャンパスはかつて、加賀藩上屋敷だった。そこに佐賀藩のアームストロング砲が置かれ、寛永寺へ打ち込む。これには彰義隊も驚き、根岸方向へ逃走していった。

かつてこの場所で新政府軍と幕府軍が衝突した

上野戦争の激戦地だった黒門を模した壁泉

説明書きがあった。「この壁泉(へきせん)はかつてこの地にあった『黒門』の姿を表現しています」とある。“壁泉”って言葉を初めて見たぞ。スマホからネット検索。壁泉とは、人口の滝をつくる、フランスやイタリアの庭園の技法なんだとか。

上野のお山を降りて、中央通り。草でつくられたパンダを発見。

シャンシャンが加わっている

通称「草パンダ」といわれている像

西郷さんに会ったあとは、再び御朱印集めへ。


 

再び御朱印集め。合計10集まった

不忍池へ浮かぶ弁天堂へ。かつては舟で参拝したそうだが、今は石の橋ができている。

七福神のひとつである弁財天は、音楽・弁才・財福・知恵のご利益があると言われている

不忍池弁天堂 東京都台東区上野公園2-1

御朱印を待つ間、弁財天で美のお守りを買い、喜ぶM美さん。

白蛇の化身のご本尊にあやかり、美に関するすべての願いが叶うよう祈願しているそうだ

なんとも珍しい「美」のお守り。500円

そして、いただいた御朱印がこちら。

どこか優雅な感じがする

弁財天の御朱印

不忍池から湯島天神方向へ歩く。取材の日、2月3日は節分ということで、豆まきをやっているようだ。
その前に湯島聖天心城院に寄って、御朱印をいただこう。境内には穏やかな顔をしたほほえみ地蔵がいらっしゃった。

そして、御朱印の授与所には誰もいない。代わりにこんなことが書かれている。

一枚につき300円を賽銭箱に入れるという無人授与所

湯島聖天心城院の御朱印

応対ができない日は賽銭箱に御朱印代を入れておくこと、だそうだ。
そして、いただいた御朱印がこちら。

十一面観音は江戸三十三観音の第七番札所

十一面観音の御朱印

そして、もう一枚。こちらは大聖歓喜天の御朱印。

湯島心城院のご本尊

大聖歓喜天の御朱印

湯島心城院のすぐ先が湯島天神の男坂の階段がある。

他に女坂、夫婦坂などがある

湯島天神の境内に上がる男坂。緩やかな階段の女坂も存在する

ここをのぼって、湯島天神へ。まじはお参りをして、御朱印をいただこう。

この日10個目の御朱印をゲット!

湯島天満宮の御朱印

この日は2月3日、節分の日なので、豆まきを体験してみた。3時からあるというので、3時少し前に待機。3時半から豆まきがあるそうだ。そのまま、動かず待機せよとのこと。

警察官も多数いて、整然と行われる豆まき

まずは鬼が出てきて盛り上げる

噺家さんや歌手の方々、福男、福女の方々が豆を撒いてくれる。

豆以外にもお餅やお菓子なども撒かれる

芸能人、有名人の方々が豆を撒く

戦利品、けっこうあったよ。ってことで、今年もいいことがありますように。

楽しい節分会だった!

湯島天神の豆まきでいただいたもの

パンダ、御朱印のお散歩、けっこう楽しいコースだった。