デザインはおいておく。自動ブレーキが凄いのだ

マイナーチェンジした新型アルファード

マイナーチェンジした新型アルファード

アルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジした。エクステリアの変更点は「一段とイカつい顔になりました」ということ。文字で説明しても解らないだろうから、写真を御覧頂きたい。アルファードよりヴェルファイアの”進化”に驚く。ここまでくると普通の人だと少し腰が引ける?
 

マイナーチェンジした新型アルファードの内装

マイナーチェンジした新型アルファードの内装

デザイン評価についちゃ皆さんの趣味に任せておく。機能面で大きく変わったのが、自動ブレーキの圧倒的な性能向上だ。アルファードもヴェルファイアも、政治家など社会的なポジションのあるユーザーや、コワモテのヒトに好まれる傾向。優れた事故回避性能を実現したのは良いニュースだと思う。
 

性能向上の理由はレーダーとカメラ

以下、自動ブレーキについて詳しく紹介したい。システムだけれど、これまでトヨタが使っていた圧倒的に性能の低い時代遅れのレーダーと、解像度も解析能力も明らかに低かったカメラを一新(目も頭も悪かった)。ライバルに負けないレーダーと、世界TOPクラスの性能持つカメラを採用してきた。

停止車両に対しノーブレーキで接近した時の停止速度は、JNCAP試験の上限速度50km/hを余裕でクリア(もう少し高い実力値を持つそうな)。今までトヨタが苦手としてきた歩行者に対する自動ブレーキも、車両の陰から出てくる試験(動画を参照のこと)で最高レベルを狙ったという。
 


車両の陰から出てくる歩行者の検知は難易度高く、今までのトヨタのシステムだと良いクルマで30km/hがやっと。現在世界で最も優れた性能持つマツダのシステムは45km/hから停止出来る。45km/hを実現出来ていれば、うっかりミスによる対歩行者事故の大半を防げる可能性大。

プリクラッシュセーフティ(夜間歩行者認識)

プリクラッシュセーフティ(夜間歩行者認識)

夜間の歩行者を検知可能なメーカーは僅か

マイナーチェンジした新型ヴェルファイア

マイナーチェンジした新型ヴェルファイア

また、アルファード/ヴェルファイアから順次採用されていくトヨタの新世代『セーフティセンス』は、マツダや日産、ホンダなどが対応出来ていない「夜間の歩行者」も検知して自動ブレーキを掛ける。新世代セーフティセンス以外の自動ブレーキ、夜になると歩行者が見えなくなってしまうのだ。

ロービームだと下半身しか照らさず、カメラが歩行者として判定出来ない。トヨタは高い性能のカメラを採用することで、夜間でも歩行者を検知可能とした。ちなみに夜間の歩行車に対する自動ブレーキ制御を行っているのはボルボの新世代システムのみ(スバルのアイサイトは保証こそしてないが検知可能)。

マイナーチェンジした新型ヴェルファイアの内装

マイナーチェンジした新型ヴェルファイアの内装


その上、新世代セーフティセンスは、見通しの良い交差点に限り、側方から20km/h程度で走ってくる自転車を検知しての自動ブレーキ性能まで持たせてきた。この制御を行っているメーカー無し。今後、さらに性能を向上させていけば、より多くの事故を回避することが出来るようになることだろう。

従来型ユーザーは乗り換えを推奨したい

もちろん斜め後方の安全を確認出来る「ブラインドスポット警報」や、バック時に左右から接近してくる車両を検知して警報を鳴らすシステムも用意されている。結果、総合的に評価したら事故の発生率を80%以上低く出来ると思う。アルファード/ヴェルファイアに乗っているなら、ぜひ乗り換えを。

ヴェルファイア正面画像

ヴェルファイア正面画像

この2車種、中古車相場が高いため、下取り査定も「ええっ?」と驚くくらい高い。乗り換えは容易に出来ることだろう。