2018年冬ドラマを一挙紹介!

在宅率の高い冬ドラマは視聴率を取りやすいからか人気俳優、特にジャニーズ男優が多数登場します。一方、話題性ねらいか、ひねったラブストーリー、タイムスリップものなどかなり変わったドラマも目立ちます。それでは民放各系列とNHK、各チャンネルごとにおすすめの1作品を中心に、2018年の主な冬ドラマを紹介します。

 

直球と変化球の日本テレビ

水曜22時『anone[あのね]』広瀬すず、小林聡美、阿部サダヲ、瑛太、田中裕子
木曜23時59分『リピート~運命を変える10ヶ月~』貫地谷しほり、本郷奏多、ゴリ、六角精児
土曜22時『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』山田涼介、波瑠、小澤征悦、中村梅雀
日曜22時30分『トドメの接吻』山崎賢人、門脇麦、新田真剣佑、新木優子

注目は『anone[あのね]』。『Mother』『Woman』に続く坂元裕二脚本を中心とする路線。すべてを失った少女(広瀬)と老齢の女(田中)がある事件をきっかけに出会い真実の人間愛を見つけていく。演技派ぞろいのキャストでどんなドラマになるんでしょうか。


(日テレ公式チャンネルより)

もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』は医者の長男(小澤)、弁護士の長女(波瑠)、末っ子の刑事(山田)の三人が名家である自分たちの家の問題を法律や常識を無視して守るというかなり変わったコメディ。『トドメの接吻』も変わっていて、ホストの堂島旺太郎(山崎)がホテル王の娘(新木)を毒牙にかけようとする。しかし彼の前に謎の女(門脇)が現れて突然キスをすると彼は死んでしまい、7日前に戻って生き返るということが繰り返される……と、どういうドラマになるのか予想できません。

読売テレビ制作の『リピート ~運命を変える10ヶ月~』もタイムスリップもの。過去に後悔を持つ8人が謎の男・風間(六角)から過去に戻れる時間旅行に誘われる。しかし戻ってみると新たな事件が次々発生し、死んでしまう者も。『イニシエーション・ラブ』の乾くるみの原作です。

 

浮気されていた妻たちのテレビ朝日

木曜21時『BG~身辺警護人~』木村拓哉、江口洋介、斎藤工、菜々緒、上川隆也、
金曜23時15分『ホリデイラブ』仲里依紗、塚本高史、中村倫也、壇蜜、平岡祐太
土曜23時5分『明日の君がもっと好き』市原隼人、伊藤歩、森川葵、白洲迅、志田未来
月~金曜12時30分『越路吹雪物語』瀧本美織、木南晴夏、尾美としのり

テレビ朝日で注目は木村拓哉が主演の『BG~身辺警護人~』。脚本は『GOOD LUCK!!』『エンジン』も担当した井上由美子。タイトルはボディーガードの意味で警護されるのは石田ゆり子演じる厚生労働大臣などさすがの豪華キャスト。SMAP解散で人気低下傾向といわれる木村拓哉ですが、盛り返すことができるでしょうか。


(テレビ朝日公式チャンネルより)

金・土の23時台はひねったラブストーリーでそろえてきました。金曜の『ホリデイラブ』は『あなたのことはそれほど』の浮気される妻役だった仲里依紗が夫(塚本)に浮気され、そこから夫婦関係を再構築するという、浮気される側の正妻を主人公に据えた『あなそれ』の逆。

明日の君がもっと好き』は「女は面倒くさい」と公言する主人公(市原)やダメンズにハマり続けて恋をあきらめかけている女性秘書(伊藤)など男女4人の恋愛ドラマ。こちらも『昼顔』で浮気される妻役だった伊藤歩が登場。またベテラン井沢満の脚本にも注目。1993年の『同窓会』ではゲイ役の国分太一が性転換して主要キャストの高嶋政宏と結婚する、という結末の伝説のドラマを書いた脚本家です。

帯ドラマ第三弾『越路吹雪物語』の題材は「シャンソンの女王」と呼ばれた越路吹雪。広い年齢層に知名度がある『トットちゃん!』の黒柳徹子に対し、1980年に亡くなった越路吹雪は高年齢層にしか知られていません。まあ朝ドラのモデルも同じと考えればいいのでしょうか。

 

精鋭ぞろいのTBS

火曜22時『きみが心に棲みついた』吉岡里帆、向井理、桐谷健太、ムロツヨシ
金曜22時『アンナチュラル』石原さとみ、井浦新、久保田正孝、薬師丸ひろ子、松重豊
日曜21時『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』松本潤、木村文乃、香川照之

TBSの本命は『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』。日曜劇場枠で続編ものは珍しく、2011年の『JIN-仁- 完結編』以来。前作ヒロインの榮倉奈々は産休中で、変わって元裁判官役の木村文乃が加入。スタッフも前作とほぼおなじで同様のヒットが期待できます。


(TBS公式チャンネルより)

きみが心に棲みついた』はまたも吉岡里帆がややこしい役。自己評価が低くいつも人の顔色をうかがい挙動不信になる小川今日子、通称・キョド子。彼女が誠実ないい男・吉崎(桐谷)と大学の先輩で今日子に冷酷な命令をしていた星名(向井)の間で揺れ動きます。

アンナチュラル』は石原さとみが法医解剖医を演じる一話完結ミステリー。『空飛ぶ広報室』『逃げるは恥だが役に立つ』などの野木亜紀子脚本に『夜行観覧車』など湊かなえ原作シリーズの新井順子プロデューサーと塚原あゆ子演出などヒットメーカーが集結。日本テレビ系の映画に負けて視聴率を取りにくい枠ですが、それを跳ね返すことができるでしょうか。

 

深夜ドラマ中心のテレビ東京

木曜25時『モブサイコ100』濱田龍臣、波岡一喜、与田祐希
金曜20時『特命刑事 カクホの女』名取裕子、麻生祐未
金曜24時12分『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』伊藤淳史
金曜24時52分『MASKMEN』野性爆弾 くっきー、人印(ピットイン)
土曜24時20分『電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~』西野七瀬、野村周平

深夜ドラマが絶好調のテレ東。注目は『モブサイコ100』。冴えない中学生のモブ(濱田)は感情が100%まで高まると超能力が発動するバトルもの。12月まで放送していた『ウルトラマンジード』の濱田龍臣主演・坂本浩一監督のコンビが再び。キレのいい演出とアクションが期待できます。

オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』は50作記念のドラマ24枠と50周年の少年ジャンプが50つながりでコラボ。かつてヒーローに憧れていた月山浩史(伊藤)が、秘密クラブで少年ジャンプのヒット作について仲間たちと語り合いつつ、能力に目覚めて災いに巻き込まれていくというコメディ。

原作が少年ジャンプ連載だったのは『電影少女 ~VIDEO GIRL AI 2018~』。原作の時代から25年後、原作主人公の甥(野村)が叔父の家で見つけたビデオテープを再生すると封印されていたビデオガール・アイ(西野)が飛び出し、二人の共同生活が始まります。

(テレビ東京公式チャンネルより)

MASKMEN』はテレ東得意のドキュメンタリードラマ。野性爆弾 くっきーが謎のマスク芸人・人印(ピットイン)をプロデュース。新人芸人の成長過程を描きます。唯一のゴールデンタイムドラマは『特命刑事 カクホの女』。2014年の保険調査員が活躍する『マルホの女』に続く名取裕子・麻生祐未コンビによる刑事ものです。

 

不振脱却なるかフジテレビ

月曜21時『海月姫』芳根京子、瀬戸康史、工藤阿須加
火曜21時『FINAL CUT』亀梨和也、藤木直人、栗山千明、佐々木蔵之介
木曜22時『隣の家族は青く見える』深田恭子、松山ケンイチ

ドラマも含めて不調からなかなか立ち直れないフジテレビ。系列の関西テレビ『FINAL CUT』の方が攻めています。女児殺害事件の犯人扱いされ死んだ母親の復讐のため、中村慶介(亀梨)は追い詰めたテレビと捜査関係者たちに近き、彼らに公開されたら人生が終わる致命的な「ファイナルカット」を突きつけていきます。

関西テレビは草なぎ剛主演の『銭の戦争』『嘘の戦争』と復讐ものは得意。また似たような作品で先日まで放送されていた『ブラックリベンジ』がありますが、あちらの復讐対象は週刊誌、こちらはテレビ。身内をどこまで切れるかがポイントでしょうか。


(関西テレビ公式チャンネルより)

海月姫(くらげひめ)』は2014年にのん(能年玲奈)と女装男子役の菅田将暉で映画化された作品。今回は芳根・瀬戸と朝ドラヒロイン女優・イケメンヒーロー俳優の組合せが共通。『隣の家族は青く見える』は深田恭子・松山ケンイチが夫婦役で、”妊活”と入居者たちが意見を出し合いながら作り上げる”集合住宅(コーポラティブハウス)”の二つが題材。妊活はかなりデリケートなテーマですが大丈夫でしょうか。最近では『コウノドリ』が不妊治療を取り扱って、丁寧な描き方で好評でしたが。

 

抜擢するNHK

金曜22時『女子的生活』志尊淳、町田啓太、玉井詩織
日曜20時『西郷どん』鈴木亮平、瑛太、北川景子

西郷どん』の注目は鈴木亮平。近年の大河ドラマ主演俳優としては人気、知名度の面でイマイチ。しかしはるか昔まで思い出すと第三作『太閤記』主演の緒形拳も当時はかなりの抜擢でした。演技力で人気を集めることができるでしょうか。

女子的生活』でファストファッション会社の女性社員、実は男性で恋愛対象は女性という役を演じるのは21,22時台ドラマ初主演の志尊淳。『海月姫』の瀬戸康史ともにイケメンヒーロー出身、どっちがきれいなのか?
 

松本潤 vs 木村拓哉 ジャニーズ事務所の先輩・後輩対決に注目

最後にまとめ。視聴率的には本命『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』、対抗『BG~身辺警護人~』で松本潤・木村拓哉のジャニーズ事務所先輩・後輩対決。内容では『anone[あのね]』がどんなドラマになるのか期待できます。また『アンナチュラル』も視聴率はともかくおもしろくなりそう。

大穴は『ホリデイラブ』と『明日の君がもっと好き』のテレ朝、金・土23時台の2作。どちらか一つは意外なヒットとなりそうな予感がします。