2019年を有意義に過ごすための部屋作りのコツ

2019年は数秘&カラーでは「3」を意味し、サポートカラーはイエローです。そんな2019年を有意義に過ごすためには、どのような部屋作りをすればよいのでしょうか?
 

2018年の部屋2

開運するには掃除が重要。スッキリと綺麗な空間を確保しましょう

サポートカラーを取り入れる

まず最も手軽にできるのがサポートカラーであるイエローを取り入れることです。とはいえなかなか難しい色ですので、部屋のアクセントとしてクッションやカーテンにイエローを使うとよいですね。カラーバリエーションも豊富なのでイエローでコントラストを取り入れてもよいでしょう。

イエローは金運に直結する色とも言われています。2019年はお金を貯める・投資をするのに向いている年というのも押さえておきたいポイントです。この機会に貯蓄を始める、運用について勉強しておくとよいですね。

イエローには楽しさ、ユニーク、コミュニケーション力の高さ、アイディアマンというイメージを連想させますので、ビジネスはもちろんのこと、プライベートでも積極的に取り入れたい色でもあると言えます。

イエローと相性のよい方角は南西です。南西は家庭や不動産と縁の深い方位とも言われていますので、交際中のカップルは結婚に結びつく可能性が! マイホームを購入する、引っ越しをするのもよいですよ。

インテリアにはイエローを取り入れたいところですが、なかなか難しい色でもあります。南西はブラウンやベージュ、グリーンも相性のよい色ですので、2019年はアジアンテイストの部屋に挑戦するとよい運気を得られるかも!?
 

金運アップの鉄板は掃除にあり!?

年を問わず、金運アップの基本となるのは掃除をすることです。散らかった部屋にはよい運気は訪れませんので、マメに掃除をするようにしましょう。あわせて不要なものは処分して、スッキリとした部屋作りを心がけたいものです。

掃除をする中で最も大切なのは玄関と水回りです。特に玄関というのは、人だけではなく運も訪れる場所。常日頃から綺麗にして、おもてなしの気持を持って飾るのが吉。

水回りでは、トイレが重要です。トイレが汚れていると健康に害を及ぼすとも言われていますので、清潔にしておきましょう。またトイレは「御不浄」とも呼ばれることがあり、風水的にはトイレの掃除をすると、汚いものを綺麗にするので徳が積めるとも言われています。

とても重要な場所ですので、ここにもサポートカラーを取り入れたいと思う人もいるのではないでしょうか。

トイレに布製のものを置いておくと厄を吸い取ると言われており、マメに交換しないとせっかく上がった運気が下がってしまいます。便座カバーやタオルを使うときは要注意! 

トイレでイエローのものを取り入れるのであれば、レモンやオレンジ等の柑橘系の芳香剤を使うのがお勧めです。金運アップに大いに役立ちます。

午後になると「気」が変わりますので、掃除をするときにはできるだけ午前中に掃除を終わらせるのが開運のコツです。掃除は毎朝するのもよいのですが、使うごとに汚れを落とし常に清潔な状態を保っておくと、金運アップに役立ちます。