「dポイントクラブ」がリニューアル

2017年の冬から2018年の春商戦に向け、新機種や新サービスを発表したNTTドコモ。非常に多くの端末やサービスを発表し、内容の充実を図っています。

10月18日にNTTドコモは新サービス・新商品発表会を実施。冬・春商戦に向け多数の端末やサービスを発表している

10月18日にNTTドコモは新サービス・新商品発表会を実施。冬・春商戦に向け多数の端末やサービスを発表している

中でもサービス面に関しては、同社の会員プログラム「dポイントクラブ」のリニューアルが注目されるところです。契約年数やdポイントの獲得数などに応じてステージが上がり、ステージに応じたさまざまな特典が得られるのがdポイントクラブの特徴ですが、今回のリニューアルによってステージ数が4段階から5段階となったほか、ステージ判定の仕組みが大きく変更されました。
 

長期契約ユーザーのメリットが大きく

ステージアップには従来よりも契約年数と獲得したdポイントが大きく影響し、「dカード」「dカード GOLD」を契約すればステージが自動的にアップする仕組みがなくなったことから、よりNTTドコモのサービスを長く、たくさん利用することが重要視されるようになったといえます。長期契約ユーザーのメリットは大きく高まった一方、これまでステージアップ狙いのためにdカード GOLDを契約していた短期契約ユーザーにとっては、残念な改変といえるかもしれません。

改訂された「dポイントプログラム」は、ステージが5段階となり、契約年数やポイントを重視した内容に変更された

改訂された「dポイントプログラム」は、ステージが5段階となり、契約年数やポイントを重視した内容に変更された

また今回のリニューアルに合わせ、新たな割引サービス「ずっとドコモ割プラス」が追加されました。これは長期契約割引の「ずっとドコモ割」を、dポイントクラブ会員向けに充実させて提供されるもの。ステージに合わせて毎月パケットパックの料金を割り引くか、dポイントを進呈するかのいずれかを選択可能で、後者のポイントの付与率は、割引額の1.2倍とよりお得になります。

長期利用者だけでなく、多くのdポイントを獲得していればそれだけ割り引き率が上がること、そしてdポイントの付与を選べば一層お得になるというのが、大きなポイントといえるでしょう。dポイントクラブのリニューアル、並びにずっとドコモ割プラスの提供は、2018年5月に実施される予定です。