1000社のヒアリングから見つけた「部下を辞めさせないリーダー」の5つの特徴

部下とのコミュニケーション取れていますか?

部下とのコミュニケーション取れていますか?

「せっかく採用した人材なのに、半年で辞めてしまった」
「最近メンバーがつまらなそうに仕事をしていて気になっている」
こんな悩みを抱えているリーダーの方、多いのではないでしょうか。

以前に比べると、人材の流動性は高まり、転職することも当たり前になってきました。少子化の影響もあり、優秀な人材の市場での価値は高まるばかりです。また、価値観や働き方への希望、仕事を通じて実現したい未来の姿も多様化しているのが最近の若手です。

とすると、リーダーが「自分が教えられたのと同じように教えれば成長するはずだ」と指導すると、「リーダーのマネジメントスタイルと合わない」「ここでは成長できない気がする」と退職につながることがあります。

では、メンバーを辞めさせないために、リーダーはどのように意識や行動を変えるとよいのでしょうか。

私は働き方変革を支援するコンサルティング会社を創業して以来、1000社以上、工場のライン長から社長まで、様々なリーダーの話をうかがう機会がありました。

その中で、メンバーを辞めさせないリーダーには「5つの特徴」があることに気づきました。

 

優れたリーダーに共通する5つの特徴


その5つの特徴とは

1. 部下と中長期の目標・キャリアについて話している
2. 部下と自分の違いを把握し、混同しない
3. 部下をよく観察している
4. 部下を認めている
5. 部下に適切に頼っている


の5つです。それぞれ詳しく見ていきましょう!

 

1. 部下と中長期の目標・キャリアについて話している

部下の中長期の目標を知っていますか?

部下の中長期の目標を知っていますか?


突然ですが、あなたはなんのために働いていますか?「お金のため」「家族のため」「自己実現」「社会貢献」……、様々な答えが返ってくるでしょう。

では、あなたの部下(ここではメンバーと表現します)はどうでしょうか。メンバーが働くことを通じて何を得たいのか、ということをリーダーが知らないケースも多くあります。

リーダーとメンバーの間で「なんのために」という目的に関する相互理解がないと、「仕事を通じて社会貢献をしたい」と思っているメンバーと、「あいつはお金のために働いているのだから、給料を上げれば満足するだろう」と思っているリーダーとの間で、いずれ話がかみ合わなくなります。

そこで、まずは仕事・キャリア・働き方・暮らし方・生き方……、様々なシーンについて、メンバーがどのようにとらえているのか、リーダーのとらえ方との違いを整理することをお勧めします。ここでは、

  • 「3~5年後の目標から話す」など時間軸で整理する
  • 得意な仕事や思考の特性を分析する(後からツールを紹介します)
  • 仕事から離れ、興味をもった新聞記事や流行などから関心を探る

といったスタイルがあります。

中長期の目標やキャリアは、現時点のものと地続きになっていることもあれば、まったく別のところに目指す星があることも。リーダーであるあなたがメンバーよりも柔軟な思考を持っているか、確認しながら進めましょう。

 

2. メンバーと自分の違いを把握し、混同しない

メンバーの発言や行動を見て、
「どうしてそんな判断をしたのか理解できない…」
「私だったら違う方法を取ったのに」
と感じることはありませんか。

そんな時に思い出していただきたいのは、“あなたとメンバーは違う人間だ”ということ。あなたが話上手だからといって、メンバーも同じとは限りません。あなたが「営業は数字だ!」と思っていても、メンバーも同じようにとらえているわけはないのです。

「自分とメンバーは違う」ことを前提に、違いを把握し、各メンバーに合った接し方を身につけましょう。

ここでは、

  • コーチングの「4つのコミュニケーションタイプ分け」(支配したい「コントローラー」・影響を与えたい「プロモーター」・支援したい「サポーター」・じっくり分析したい「アナライザー」に分類する)
  • ストレングスファインダー/MBTI(能力や特性を理解する)

などのツールがあります。

大切なのは、個人の心地良さを考えると同時に、全体になったときに「組織として強いかどうか」という視点を忘れずに持っておくこと。

たとえば、上記の「サポーター」タイプだけが集まっていると、居心地はよいのですが、決断力や盛り上げ力が足りず、物事が前に進まないことも。リーダーであるあなたは組織全体のバランスを見ながら、組み合わせを考えることが重要です。

また、「能力や特性そのものに優劣はない」ことも理解しておきましょう。あなたの特性から見ると物足りなさがあったり、行き過ぎるところがあったりするかもしれませんが、メンバーの特性がいきるシーンは必ずあります。

あなたの特性とメンバーの特性を同一化せず、お互いの違いを有効活用することをゴールに、活かし方について話し合ってみましょう。