成功の鍵を握るのは「認知能力」よりも「非認知能力」

自制心

子供の人生に大きな影響を与える「非認知能力」とは何を指すのでしょう?

昨今、社会的・経済的な成功に欠かせないのは、読み書きや算数などの学力テストやIQ値に表れる「認知能力」よりも、その子の性格や特徴に関わる「非認知能力」と分かっています。

もし、学業成績やIQのみで「将来の成功を予測できる」ならば、同じような学歴の人は皆、同じように成功するはずです。ですが現実はそんなシンプルではありません。学校の勉強が同じくらいできても、社会的に活躍する人としない人が、必ずいるもの。それは、社会的成功には、より数値化しにくい「非認知能力」が大きく関わっているためというわけです。

 

非認知能力を教わった子供の方が、充実した人生を送る

「非認知能力」がいかに子供の人生に影響を与えるかについては、ノーベル賞を受賞した経済学者ジェームス・ヘックマン氏が、興味深い研究報告をしています。(*1)ヘックマン氏率いる研究チームが、アメリカのミシガン州にある『ペリー幼稚園』の子供たちを追跡調査したところ、IQ値では、ペリー幼稚園に通った子と通わなかった子たちとの間にそれほど違いがみられなかったものの、40年後には、ペリー幼稚園に通った子たちの方が、社会面、経済面、健康面全てにおいて、より充実した人生を送っていたというのです。

このペリー幼稚園で教えられていたのが、「非認知能力」です。ペリー幼稚園に通った子と通わなかった子の間では、「認知能力」の差はつかなかったものの、「非認知能力」に大きな差がみられたことが、子供たちの人生に、大きな違いとなって表れたというわけです。

こうした研究から、ヘックマン氏は、幼年期から「非認知能力」を培うことが、子供にとっていかに大切かを説いています。読み書きや算数やIQといった「認知能力」を向上させる教育よりも、その子が感じ、考え、行動するパターンの土台となる「非認知能力」を育むことにこそに、力が注がれるべきだとしています。

 

「非認知能力」の重要な要素「自制心」

では、非認知能力とは具体的にどういった力を指すのでしょうか?ペリー幼稚園で強調されていた重要な非認知能力とは、「やり抜く力」と「自制心」です。確かに、算数や読み書きができIQが高いとしても、すぐに諦めたり気まぐれだったりと「やり抜く力」が足りなかったり、目先の楽しみより広い視野での喜びを優先するといった「自制心」がないのならば、社会に出て成果をあげることは難しいでしょう。

では、非認知能力の重要な要素、「やり抜く力」と「自制心」とは、どのように伸ばすことができるのでしょうか?

「やり抜く力(グリット)」については、以前紹介しましたこちらを参照ください:
子供が成功する鍵!「グリット」を育む6つのヒント

>次のページでは、「自制心」を育むためのヒントをみてみましょう。