スマートフォンをWi-Fiに接続しようとしたとき、「認証に問題」あるいは「パスワードが違います」と表示され、接続できなかったことはないだろうか。原因は些細なミスからハードの問題までさまざま。今回の記事では、そのような場合に有効な対処法を紹介しよう。

 

対処1:隣の家の無線LANルータに接続しようとしていないか?

スマートフォンをWi-Fiに接続するときは、下図のようなSSIDの一覧から接続先を選択する。

表示されているSSIDは自宅のものか確認しよう。

表示されているSSIDは自宅のものか確認しよう。

最近の住宅事情だと、自分のスマートフォンの近くに別の家の無線LANルータがあり、そのSSIDが表示されることがある。しかも、自宅の無線LANルータより電波強度が強く、「最強」と表示されることもあるだろう。

しかし、いくら最強の電波でも、パスワードが異なるため、自宅以外の無線LANルータには接続できるはずが無い。

iPhone(iOS)であれば「パスワードが違います」と表示される。

iPhone(iOS)であれば「パスワードが違います」と表示される。

ついつい電波強度の高いSSIDを選択しがちだが、自宅の無線LANルータ本体に記載のあるSSIDかどうかをしっかりと確認してから接続するようにしよう。

 

対処2:スマートフォンの無線接続情報に不具合はないか

無線LANルータに自動で接続するときは、スマートフォンに保存されている「無線接続情報」を利用する。ところが、何らかの理由で「無線接続情報」が変化してしまった場合は、接続することができない。

Androidは「認証に問題」と表示される。

Androidは「認証に問題」と表示される。

その解消方法だが、以下の手順で一旦「無線接続情報」を削除し、再接続してほしい。再接続の際には、パスワードを聞いてくるので正しく入力しよう。


■Androidでの再接続手順
「設定」→「Wi-Fi」→右上の「上下三点」メニューをタップ→「保存済みネットワーク」メニューをタップ→接続できないSSID名をタップ→「切断」をタップする。

「上下三点」メニューをタップした後の画面

「上下三点」メニューをタップした後の画面。ここで、「保存済みネットワーク」メニューをタップする。


■iPhone(iOS)での再接続手順
「設定」→「Wi-Fi」→接続できないSSIDの「i」アイコンをタップ→「このネットワーク設定を削除」をタップする。

ここで接続情報を削除する。

ここで接続情報を削除する。

 

対処3:スマートフォンの状態に問題はないか?再起動で確認

スマートフォンの状態に問題があると接続できないことがある。スマートフォンを再起動してみよう。再起動後に再接続すると接続できることがある。

 

対処4:ネットワーク機器や無線LANルータに問題はないか

モデム/ONU/CTU/ハブなどのネットワーク機器や無線LANルータを再起動することで、接続できることがある。再起動の具体的な方法は、お手持ちのマニュアルを見て欲しい。

多くは、ACアダプタの抜き差しで再起動できる。電源をONにする際には、インターネットに近い機器から順に電源をONにすることに注意したい。

それでも、駄目な場合は無線LANルータのリセットスイッチを押して初期化してみよう。こちらも、具体的な方法はお手持ちのマニュアルを見て欲しい。

BuffaloのWSR-2533DHPは、本体裏面中央にリセットスイッチがある。本機種の場合は、クリップを伸ばしたもので、内部のスイッチを数秒押す。

BuffaloのWSR-2533DHPは、本体裏面中央にリセットスイッチがある。本機種の場合は、クリップを伸ばしたもので、内部のスイッチを数秒押す。

 

対処5:ルータのファームウェアに問題はないか

無線LANルータのファームウェアにバグがあり、接続が不安定になることもある。メーカーのサイトを見て最新のファームウェアに更新して欲しい。

 

対処6:現在利用している周波数帯に問題はないか

無線LANルータとスマートフォンが、11g/n(2.4GHz帯)と11a/ac(5GHz帯)の両方に対応している場合は、別の周波数帯のSSIDを選択してみよう。多くの2.4GHz帯には、SSIDに「G」の表示が、5GHz帯には「A」の表示がある。

たとえば、「G」を含むSSIDから「A」を含むSSIDに切り替える。

たとえば、「G」を含むSSIDから「A」を含むSSIDに切り替えてみる。