知性と主張を着る!「ステートメントT」「スローガンT」

一癖あるユニークなTシャツが注目を集めています。これまでは若い人や個性派に支持されていましたが、近頃は大人女性にまで人気が飛び火。キャッチーな見栄えの文字やイラストは「インスタ映え(SNS映え)」が重要になった今の気分にぴったり。主張の強さやシュールなムードが常識を覆します。メッセージで自分らしさを伝えるスタンスも「主張あり」のTシャツが受けている理由。今回は、このようなTシャツを大人が着こなすスタイリング技をご紹介しましょう。
 

文章アピールのTシャツにはエレガントなスカートを

主張Tシャツ

ラッフル付きのタイトスカートにコンフォートサンダルでハズす (c)Rie Miyata

主張Tシャツ

ボリュームのあるフェミニンなスカートでドラマティックに (c)Rie Miyata

主張Tシャツ」

主張を帯びた文字をプリントしたTシャツ


主張を帯びた文字をプリントしたTシャツは「ステートメントT」「スローガンT」と呼ばれます。「ステートメントT」は自分の意見を表明する「宣言」といった感じで、「スローガンT」は思いを強く打ち出し、周りに呼びかけるようなニュアンスがあります。

「IT'S BETTER IN NEW YORK」の言葉には強いニューヨーク愛を感じます。「CHANEL WHO?」という言葉からは自分らしいおしゃれを大切にしたいという覚悟のようなものがうかがえます。

こういった強い気持ちを示すTシャツにはエレガントなスカートで合わせて、トーンを落ち着かせましょう。ダメージドジーンズのようなきつい見栄えのボトムスは全体がハードになりすぎます。ボトムスで雰囲気をやわらげるコーディネートが得策です。

 

パロディ風味のTシャツはさわやかムードに

主張Tシャツ

爽やかなブルーのスカートでクールに着こなして (c)Rie Miyata

主張Tシャツ」

オールホワイトで清潔感漂う着こなし (c)Rie Miyata

主張Tシャツ

漫画風のモチーフ、パロディ的なデザイン


新顔のTシャツのなかには、しゃれを利かせた漫画風のモチーフや、皮肉っぽいパロディ的なデザインも現れています。「ROCKET FRIES」のイラストはポテトフライとロケットの飛ぶ(フライ)を引っ掛けただじゃれ的な絵柄。ロケットにポテトの「羽根」まで付いています。「I'm not a BLONDE」のほうはトランプ氏の写真が組み込まれていることで分かる通り、反トランプの意思表明。金髪女性好きとされるトランプ氏に「私は違うけど、だからどうなの?」と反論するような態度を示しています。

このようにややふざけて見えたり、挑発的であったりするデザインの場合、Tシャツの印象が強い分、全体はすっきりさわやかなトーンで整えたほうがくどくなりすぎずに済みます。白やパステルカラーなどのきつくない色を選ぶと、収まりがよくなります。

 

毒っ気を宿したTシャツで夏服にパンチを

主張Tシャツ

重ね着したメタリックロングTと煌めき靴でグラマラスに (c)Rie Miyata

主張Tシャツ

ハイウエストパンツにTシャツをインしたすっきりコーデ (c)Rie Miyata

主張Tシャツ

夏コーデの引き締め役に毒っ気Tシャツ


夏ルックは薄着になるせいで、あっさりして見えがち。でも、ちょっと毒っ気を宿した不気味系のTシャツを使えば、妖しさとパンチが加わって、退屈に見えません。有名なヘビーメタル系バンド「METALLICA(メタリカ)」のロゴが見えるロックTは中央でスカル(ドクロ)がにらみを利かせています。もう一方も骸骨がモチーフになっていますが、こちらは元気に走っています。

どちらも地色はダークカラー。ドクロや骸骨は意思の強さやミステリアスな風情を帯びるので、夏コーデの引き締め役に使えます。濃い色のTシャツに合わせるならジーンズやカーゴパンツが好相性を発揮します。ただし、全部をストリート風にまとめてしまわないで、ハイヒールやチェーンバッグなどで大人っぽさを差し込むと、こなれた着映えに仕上がります。

 

言葉や絵柄の意味を確認して、共感できる表現Tシャツを選ぶ

ステートメントもスローガンも、絵付きに比べると文字だけのタイプのほうが、初心者のデビューにはハードルが高すぎないでしょう。コーディネートも文字タイプのほうが合わせやすそうです。絵付きタイプは子どもっぽく映らないよう、プリントモチーフをチェックしたいところ。

そもそも自分の意識と異なるメッセージをまとってしまわないように、言葉や絵柄の意味を確認する必要があります。選ぶメッセージ次第では、知性やセンスを示すこともできるので、共感できる表現を、妥協しないで探しましょう。これからの夏休みに向けて、大人ならではの遊び心と自分らしさをアピールできる着こなしとしてトライしてみてはいかがでしょう。

【関連記事】
7月におすすめの夏服は、涼しい・女っぽ・楽ちん
「白Tシャツ=手抜き」は卒業 おしゃれに見せる小技
Tシャツはもっといじれる!知らなかった着こなし新技
Tシャツ達人ならこう着る なるほどコーデ10人衆
白シャツをもっとヘビロテ! 出番が倍になるテク×10

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式サイト「fashion bible」