スマホの設定を変更してバッテリーを長持ちさせる

battery

外出中にスマホのバッテリーが切れたらかなり困ってしまいますよね。そんな場合にコンビニでモバイルバッテリーを買い求めた経験はありませんか? また、そんな時に備えて充電式モバイルバッテリーを常に持ち歩く人もいるかと思います。しかし、スマホの設定を変更すれば、バッテリーをもっと長持ちさせることができますよ。まずは以下の方法を試してみてください。
 

自動ロックまでの時間を短くする

画面が自動でオフになりロックされる自動ロックですが、自動ロックされるまでの時間を短くすることで省エネになります。ただし、あまりに短くしすぎると不便になるので、ストレスのない程度の間隔で時間設定をしましょう。

  • iPhone:「設定」→「一般」→「自動ロック」→自動ロックまでの時間を選択
  • Android:「設定」→「表示」→「バックライトの点灯時間」→自動ロックまでの時間を選択
lock

 iPhone画面

画面の明るさをダウンする

液晶画面は明るくするほど早くバッテリーを消費します。可能な範囲で暗めに設定することでバッテリーを節約しましょう。

  • iPhone:「設定」→「画面表示と明るさ」→明るさを変更
  • Android:「設定」→「画面設定」→自動明るさ調整"のチェックを外す→明るさを変更

aka

    iPhone画面

Wi-FiやBluetoothをオフにする

Wi-FiやBluetooth設定をオンにしておくと、接続先を探してバッテリーを消費してしまいます。これらを使用しないときは設定をオフにしておきましょう。

  • iPhone:「画面の下部から上にスワイプ」→「コントローラを表示」→各アイコンをクリック
  • Android:「画面の上部から下にスワイプ」→「クイック設定ツールを表示」→各アイコンをクリック

wifi

    iPhone画面

 

位置情報サービスをオフにする

位置情報サービス(GPS)はオンにしておくとバッテリーを消費します。地図アプリなどGPSを使用するとき以外はオフにしておきましょう。

  • iPhone:「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→オフ
  • Android:「設定」→「位置情報アクセス」→GPS機能のチェックを外す
iti

   iPhone画面

 

アプリのプッシュ通知をオフにする

アプリのプッシュ通知は通知があるたびに電力を消費してしまいます。プッシュ通知が必要なもの以外はオフにしましょう。

  • iPhone:「設定」→「通知」→オフにするアプリを選択→「通知の許可」をオフ
  • Android:「設定」→「アプリ」→オフにするアプリを選択→「通知を表示」のチェックを外す
tuuchi

  iPhone画面

 

アプリのバックグラウンド作動をオフにする

素早く起動されるように、アプリがバックグラウンドで作動している場合があります。必要でない場合はアプリのバックグラウンド動作をオフにしてバッテリー消費を抑えましょう。

  • iPhone:「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」をオフ
  • Android:「設定」→「アカウントと同期」→「データ自動同期」のチェックを外す
back

  iPhone画面

 

アプリを使って正しく充電する

■バッテリー節約アプリ「バッテリードクター」
そもそも、充電のし過ぎはバッテリーに良くありません。充電器に挿したまま放置することはバッテリーの劣化を促進します。このアプリを使用すると、3つのステップに分かれた充電を行うことにより、バッテリーの性能をフルに発揮でき、過充電を避けることができます。 これによってバッテリーの寿命を伸ばすことができます。

バッテリ

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

(ちなみに)バッテリーを節約してポケモンGOも楽しく快適に

今話題のスマホゲーム「ポケモンGO」は、常にアプリやGPSを起動させているため、バッテリーの急速な消費が問題となっています。ポケモンGOにも「バッテリーセーバー」という節電のための設定があるんですよ。

モンスターボールのアイコン→「設定」→バッテリーセーバーをチェック

これだけで簡単に設定できます。スマホを逆さにしていると自動的にスリープ状態になりバッテリーを節約できます。ポケモンが出現したら振動で知らせてくれるのでプレイにも支障はありません。ゲームに夢中になってしまい、スマホが使えなくなったということがないように、これらの設定やアプリを試してみてはいかがでしょうか。