人気の商業施設「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」の楽しみ方

横浜赤レンガ倉庫に隣接するエリアにある「MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)」(2018年6月25日撮影)

横浜赤レンガ倉庫に隣接するエリアにある「MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)」(2018年6月25日撮影)

2016年3月、横浜・みなとみらいの新港エリアにオープンした商業施設「MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)」。横浜赤レンガ倉庫に隣接しており、海と緑が感じられるオープンモールです。フォトジェニックなロケーションには、約25のおしゃれな雑貨やファッション、レストランなどのショップが並びます。そんな「マリン&ウォーク ヨコハマ」の楽しみ方を紹介。
 

歩くだけでも楽しい! 海が見えるオープンモール

中央のストリートに沿って個性的なファサードのショップが並びます(2018年6月25日撮影)

中央のストリートに沿って個性的なファサードのショップが並びます(2018年6月25日撮影)

マリン アンド ウォーク ヨコハマは、海沿いの倉庫街に街路をつくるという発想から、施設内には草木が多く植えられており、緑と海をシームレスにつなぐことによって生まれた、自然を感じるオープンモールです。中央のストリートに沿って、5棟の建物が並んでいます。ショッピングや海を眺めながらの食事はもちろん、歩くだけでも楽しい、そんな上質な雰囲気があふれる空間です。

海側からも入店可能(2018年6月25日撮影)

海側からも入店可能(2018年6月25日撮影)

ゆったりとくつろげるファニチャーが点在(2016年3月2日撮影)

ゆったりとくつろげるファニチャーが点在(2016年3月2日撮影)

発想は「海沿いの倉庫街に街路をつくる」。“働く港”の風景が広がるようすもまた、ヨコハマらしい(2018年6月25日撮影)

発想は「海沿いの倉庫街に街路をつくる」。“働く港”の風景が広がるようすもまた、ヨコハマらしい(2018年6月25日撮影)

人気のブッフェレストランは予約を

カリフォルニアスタイルのパイ専門店「Pie Holic」。ランチタイムにはパイが食べ放題に(2018年6月25日撮影)

カリフォルニアスタイルのパイ専門店「Pie Holic」。ランチタイムにはパイが食べ放題に(2018年6月25日撮影)


ランチタイムにパイが食べ放題となる「Pie Holic(パイホリック、A棟1階)」は、開業時から大人気。2017年12月にオープンしたスヌーピーがテーマのシーサイドダイナー「PEANUTS DINER(ピーナッツダイナー、D棟2階)」は、キャラクターにちなんだブッフェメニューが楽しめます。また、2018年3月にオープンした関西発の人気チーズ料理専門店「goodspoon(グッドスプーン、C棟2階)」でも、ランチタイム限定で自家製できたてモッツアレラチーズなどが食べ放題になります。

いずれも人気のレストランなので、ブッフェメニューの時間帯は予約しておくことをおすすめします。当日でも空席があれば入店可能なので、スタッフに問い合わせを。

※くわしい店舗情報は「All About NEWS」にて
横浜・みなとみらいにスヌーピーがテーマの「PEANUTS DINER」が誕生
関西発の人気チーズ料理専門店「goodspoon」が横浜・みなとみらいに

ベーカリーカフェ「&Swell(アンドスウェル、C棟1階)」では、自家製天然酵母を使う「R Baker」のパンとサードウェーブコーヒー「BROOKLYN ROASTING COMPANY」のコーヒーを販売。平日は9:00~20:00まで、土日祝、5月~9月は8:00~オープン(2018年6月17日撮影)

ベーカリーカフェ「&Swell(アンドスウェル、C棟1階)」では、自家製天然酵母を使う「R Baker」のパンとサードウェーブコーヒー「BROOKLYN ROASTING COMPANY」のコーヒーを販売。平日は9:00~20:00まで、土日祝、5月~9月は8:00~オープン(2018年6月17日撮影)

このほか、ベーカリーカフェ「&Swell(アンドスウェル、C棟1階)」や手作りわらびもちや創作うどんの和カフェ「甘味茶房 横濱くりーむうどん(E棟2階)」といった気軽なカフェ&レストランから、寿司食べ放題メニューもある「築地玉寿司(E棟2階)」、パエリア専門店「ミゲル フアニ(B棟2階)」、カリフォルニアイタリアン「A16 YOKOHAMA(エーシックスティーン ヨコハマ、C棟2階)」などの本格派レストランまで、幅広いニーズに対応する飲食店があります。

2017年10月にオープンした「NTL 中目卓球ラウンジundefinedYokohama Bay Cafe(B棟2階)」は、カフェのみ利用も可。「ジョッキクリソ(=クリームソーダ、980円税別)」(2018年6月17日撮影)

2017年10月にオープンした「NTL 中目卓球ラウンジ Yokohama Bay Cafe(B棟2階)」は、カフェのみ利用も可。「ジョッキクリソ(=クリームソーダ、980円税別)」(2018年6月17日撮影)

「A16」名物の「ピッツア ラケット(1900円税別)」。ハサミでカットしながらいただきます(2016年3月2日撮影)

「A16」名物の「ピッツア ラケット(1900円税別)」。ハサミでカットしながらいただきます(2016年3月2日撮影)

「KAKA'AKO DINING & CAFE」のインショップ「カメハメハベーカリー」では、紫色のマラサダ「ポイ・グレーズド(200円税込)」などのパンを販売。もっちり、ふわふわ!(2016年3月2日撮影)

「KAKA'AKO DINING & CAFE」のインショップ「カメハメハベーカリー」では、紫色のマラサダ「ポイ・グレーズド(200円税込)」などのパンを販売。もっちり、ふわふわ!(2016年3月2日撮影)

オンリーワンの服や雑貨を見つけよう

「DENHAM(デンハム、E棟1、2階)」では、入口横で「洗い加工」する様子が見られます(2018年6月17日撮影)

「DENHAM(デンハム、E棟1、2階)」では、入口横で「洗い加工」する様子が見られます(2018年6月17日撮影)

マリン アンド ウォーク ヨコハマには、上質でこだわりを持つファッション&雑貨を販売するショップが並びます。他の人とかぶらないアイテムが発見できそう!

COMMUNITY MILL(コミュニティ ミル、D棟1階)」は、開業時から出店している、ここだけにしかないセレクトショップ。「Urban California Life」をキーワードに世界各地から集めた陶芸・家具・植栽・雑貨・ルームウェア、そして音楽を紹介しています。ドリンクスタンド「SODA BAR」が併設されており、素材にこだわったハンドメイドの炭酸飲料やテイクアウトフードも提供しています。フォトジェニックなドリンクは、休日には行列するほど大人気です。

DENHAM(デンハム、E棟1、2階)」は、オランダで生まれたハサミがシンボルのデニムブランド。1階入り口横の洗面所で「洗い加工」した、オンリーワンのデニムに出会えます。メンズ・ウィメンズ・キッズを展開。

FreePark(フリーパーク、C棟1階)」は、毎日の暮らしがちょっと贅沢になるようなアイテムに出会えるセレクトショップ。着心地や素材にこだわったファッション、作家さんが1点ずつ丁寧に作るアクセサリー、おしゃれで使いやすいバッグ、ハイセンスな雑貨などを多く取り揃えています。

黒を基調としたインテリアの「NEIGHBORHOOD」(2016年3月2日撮影)

黒を基調としたインテリアの「NEIGHBORHOOD」(2016年3月2日撮影)

このほか、H&Mグループのハイファッションブランド「COS(コス、D棟1階、2階)」や横浜初登場の「NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド、E棟1階)」、非日常を提供するライフスタイルショップ「A.D.NÉEL(エイ・ディ・ネール、C棟1階)」、2017年12月に移転オープンした「Ron Herman Yokohama(ロンハーマン ヨコハマ、B棟1階)」など、上質で個性的なブランドが並びます。

 

フォトジェニックなスポットで撮影しよう

開業時から人気の猫のイラスト(2018年6月25日撮影)

開業時から人気の猫のイラスト(2018年6月25日撮影)


開業時からフォトスポットが多く存在していますが、2017年7月に《天使の羽》が描かれてから、人気に拍車がかかりました。

赤レンガ側正面入口付近の《天使の羽(エンジェルウィングス)》は休日になると行列ができるほど人気(2018年6月25日撮影)

赤レンガ側正面入口付近の《天使の羽(エンジェルウィングス)》は休日になると行列ができるほど人気(2018年6月25日撮影)


《天使の羽(エンジェルウィングス)》は、海外のインスタグラマーに大人気のコレット・ミラーさんが描くストリートアート作品。平和の象徴である天使の羽が世界中の人々を楽しませ、ハッピーにすることを願って活動しており、マリン アンド ウォーク ヨコハマが日本初上陸の地として選ばれました。

COMMUNITY MILL(コミュニティ ミル、D棟1階)横にも小さめサイズの《天使の羽(エンジェルウィングス)》があります(2018年6月25日撮影)

COMMUNITY MILL(コミュニティ ミル、D棟1階)横にも小さめサイズの《天使の羽(エンジェルウィングス)》があります(2018年6月25日撮影)


2018年6月現在、赤レンガ側正面入口付近とCOMMUNITY MILL(コミュニティ ミル、D棟1階)横、みなとみらい側入口の3ヵ所にウォールアートが描かれています。

2018年春には、コレット・ミラーさんが描いた《天使の羽》の横にアーティストのワード・スミスさんがアンティークのタイプライターを描いた《&Love wings》も誕生(2018年6月25日撮影)

2018年春には、コレット・ミラーさんが描いた《天使の羽》の横にアーティストのワード・スミスさんがアンティークのタイプライターを描いた《&Love wings》も誕生(2018年6月25日撮影)

 
※くわしくは「All About NEWS」⇒日本初上陸!インスタで大人気のフォトスポット《天使の羽》が横浜に(2017年7月)
 

「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」へのアクセスは?

マリン アンド ウォーク ヨコハマへのアクセスは、みなとみらい線を利用する場合、馬車道駅6番出口または日本大通り駅から徒歩約9分、みなとみらい駅からは徒歩約12分。

JR桜木町駅から徒歩約15分かかりますが、JR桜木町駅から観光スポット周遊バス「あかいくつ」(毎日運行)に乗車すれば、「赤レンガ倉庫」下車すぐ。JR横浜駅東口からは、横浜市営バス横浜駅直行便(270系統)に乗車し、「赤レンガ倉庫」下車すぐです。この直行便は土曜・日曜・祝日のみ運行なので、ご注意ください。
 

横浜赤レンガ倉庫と合わせて訪れてみては(2018年6月17日撮影)

横浜赤レンガ倉庫と合わせて訪れてみては(2018年6月17日撮影)


■MARINE&WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)
住所:横浜市中区新港1-3-1
電話:045-680-6101 (11:00~19:00)
営業時間:物販(食物販含む)、サービス11:00~20:00、飲食11:00~23:00 ※店舗による
アクセス:みなとみらい線馬車道駅6番出口から徒歩約9分、JR桜木町駅から徒歩約15分、JR桜木町駅から観光スポット周遊バス「あかいくつ」乗車「赤レンガ倉庫」下車(毎日運行)、JR横浜駅東口から市営バス横浜駅直行便(270系統)「赤レンガ倉庫」下車(土曜・日曜・祝日のみ運行)
駐車場:89台(最初の1時間500円、以後30分250円、平日最大900円<特定日は除く>、1店舗につき3000円以上1時間無料サービス・最大2店舗まで・合算不可、入出庫可能時間6:00~24:00)
URL:http://www.marineandwalk.jp/

【関連記事】
MARINE & WALK YOKOHAMA 注目スイーツ情報(All Aboutスイーツ)