「付き合いたい!」と思える人と出会えた素晴らしさ

「もっと…は卒業する

自分の魅力が足りないと思い込み、「もっと……」と悩むのは卒業です。

今回は、付き合いたい人がいるのにその先に進めない人へのコラムです。これを読んでいるということは、あなたはすでに「恋人候補」の人と出会うことができているのだと思います。
恋人候補を見つけるには出会いの数や質を高めなければいけませんので、あなたはそれをクリアしていると言えます。逆に、恋人がいない大多数の人は、恋人候補を見つけることすら、なかなかできていないものです。まずは、自分が恋愛のスタートラインにしっかりと立てていることを「素晴らしい!」と認識してください。

そして、そこまでいけば恋人候補の相手とパートナーシップを結ぶまでほんの一歩なのです。ちょっとしたコツで理想の未来が手に入る寸前の状況だと考えてみてください。
 

「自分にもっと自信やスキルがあったら……」はもうやめよう

すでに恋人候補と出会っているのに、こう嘆く人がいます。
「気になる人はいる、デートもできる。けど、なかなか本来の自分をアピールできない」「話すスキルが足りないからダメなのかな……」

しかし、実際にデートまで行けるのであれば、『自信』や『話すスキル』が問題になるでしょうか?
もちろん、『自信』や『話すスキル』は、いくらでも高めることはできます。しかし、誰もが自信があり、話し上手ではないですし、それらがなくとも恋人候補とうまくいっている人も多いのです。むしろ、それらがないからこそうまくいっている人たちもいます。

自分に何か『足りない』と考えてしまうのは、幸せな未来を迎えることをストップさせる、都合の良い言い訳なのではないでしょうか? 
そして、その言い訳があるがゆえに、あなたは「それ以上行動しなくても済む」のです。


恋人が欲しいのに、自分で自分をストップさせているのはなぜか? 心のどこかで、「本当にこの人でいいのか?」「ひとり身の自分の生活を変えてまで付き合いたい相手?」などと踏ん切りがつかない気持ちがあるのではないでしょうか?
 

『出会う人』を変えるだけでいい

出会う人を変えてみよう

出会う人を変えてみよう

私は、人と人が惹かれあい付き合うのに、『魅力』というものは、あまり関係ないと考えています。それよりも「自分がどんな人と会うのか?」「どんな人と出会いたいのか?」ということについてフォーカスした方がよっぽど重要だと思っています。

実際に恋活や婚活の場、プライベードの出会いでも、あなたより恋愛の知識が無い人がうまくいっているということがあると思います。その人たちは、『出会う準備』ができていたり、『出会いの運』が良かったりするだけなのです。もっと言えば、『うまくいきやすい恋人候補』に出会えたというだけなのです。

もしかすると、今のあなたはあなたにふさわしい恋人候補に出会えていないだけなのかもしれません。これまでのパターンでうまくいかないのであれば、出会う人を変えてみましょう。
 

では、「出会う人」を変えるとは?

出会いは偶然だと思っているかも知れませんが、「出会う人」を変えるとは、自分の見方を変えることです。
例えば、「実業家が良い」「ポジティブな人が良い」「スポーツマンタイプが良い」など、今まであなたが重視していた項目があるかと思います。一旦これらについて見直して、今までの理想とは『正反対のタイプ』にも目を向けてみましょう。案外、そっちのほうが自分に合っていたりするものです。

また、自分の周囲にヒアリングして、「どんな人が自分に合うと思う?」とアンケートを取ってみましょう。「あなたにはこんな人が合っていると思う!」と、これまで思いもよらなかった提案をされるかもしれません。その場合も頭から否定せず、「そういう考え方もあったんだ」と自分自身を振り返り、今まで出会った周りの人にそういう人がいなかったか考えてみましょう。

ぜひ、これまでとは違う人と出会いを広げてみてくださいね。