アジサイの季節の鎌倉は、観光ベストシーズン

多くの観光地では、うっとうしい梅雨の季節は観光客が少なくなります。しかし、アジサイの名所の多い鎌倉は、6月が観光ベストシーズン。6月中旬頃には、古寺の境内に咲くアジサイを一目見ようと、多くの観光客が訪れます。

明月院のアジサイ

明月院のアジサイ


今回は、鎌倉の代表的なアジサイの名所3選と、アジサイをゆったり鑑賞できる穴場スポットをご案内します。まずは、鎌倉の代表的なアジサイの名所をめぐりましょう。

注)2018年は、例年よりだいぶ花の色付きが早いので、お早めに! 5月28日に明月院の様子を見てきましたが、かなり色付きが進んでいました。

2018年は例年よりも色付きが早い(2018年5月28日撮影)

2018年は例年よりも色付きが早い(2018年5月28日撮影)


 

鎌倉のアジサイ寺といえば、明月院

鎌倉といえばアジサイ、というくらいアジサイのイメージの強い鎌倉。中でも、「鎌倉のアジサイ寺」といえば、昔から北鎌倉の明月院のこと。

6月は、北鎌倉駅から明月院に至る参道の細道は、アジサイ目当ての人々でいっぱいになり、休日は、北鎌倉駅のあたりまで混雑することもしばしば。

明月院拝観入口には、行列ができる

明月院拝観入口には、行列ができる


明月院の境内に入ると、一面に淡いブルーのアジサイが咲いています。明月院のアジサイは、8割から9割が日本古来からの品種「ヒメアジサイ」。西洋アジサイに比べて、やや小ぶりな花がとてもかわいらしいですね。

淡いブルーのアジサイに彩られる明月院境内

淡いブルーのアジサイに彩られる明月院境内


もうひとつ、この季節の明月院で楽しみなのが、「本堂後庭園」の特別公開。

本堂(方丈)裏手に広がる「本堂後庭園」は、ふだんは本堂の円窓ごしにしか見ることができませんが、初夏のアジサイ・ハナショウブの咲く時期と、晩秋の紅葉の時期のみ特別公開され、立ち入ることができます。(別途、庭園拝観料が必要)

期間限定で公開される本堂後庭園に咲くハナショウブ

期間限定で公開される本堂後庭園に咲くハナショウブ


いざ、お庭の中へ入ってみると、周囲を山に囲まれた庭園は、池や芝生なども整備され、思いのほか広いので驚きます。北鎌倉の豊かな自然を満喫しましょう。

本堂後庭園は、ハナショウブが咲きはじめると公開が開始され、花が終わり次第、終了するとのことです。公開時期については、お寺に直接、お問い合わせください。

<DATA>
■明月院
住所:鎌倉市山ノ内189
アクセス:JR北鎌倉駅下車徒歩10分
地図 → 明月院地図

また、同じ北鎌倉の東慶寺では、期間限定で本堂後の岩壁に咲くイワガラミの特別公開も行っており、こちらもおすすめです。

東慶寺のイワガラミ

東慶寺のイワガラミ