チョコレートパフェを食べに行こう!

チョコレートパフェ。しあわせな響きですよね!

子供の頃からチョコレート好きな私にとって、チョコレートパフェは素敵なご馳走でした。チョコレートパフェ、と聞いただけでちょっと笑顔になる私です。皆さんはいかがですか?

この記事では数ある中から、チョコレート専門店のもの、ショコラティエが監修したもの、グルメな方に長く愛され続けている本格的なチョコレートパフェを厳選して紹介します(フランス風のグラスデザート、リエジョワも含みます)。

東京は、ショコラティエが監修したスペシャルなチョコレートパフェに数多く出会える素晴らしい都市です。特に、上質素材を厳選、味のバランス、ヴィジュアルも細かく計算されたチョコレートパフェは、五感を使って堪能したい「作品」として向き合いたいほどです。

7種類全て人気が高く、チョコレートファンなら見逃せません。ぜひ全部チェックして下さいね。 初めての方はもちろん、何度か召し上がっているチョコレートパフェ通の方も、ぜひどうぞ。

【ラインナップ】

  • ピエール マルコリーニ 「マルコリーニ チョコレート パフェ」
    ショコラティエのアイスクリームを堪能できる定番チョコレートパフェ
  • ショコラティエ パレ ド オール 「パフェ パレドオール」
    10種以上のパーツを使った本格的なチョコレートパフェ
  • ユーゴ アンド ヴィクトール 「パフェ ショコラ」
    パリの人気ブランドの日本限定チョコレートパフェ
  • 和光アネックス ティーサロン 「チョコレートパフェ」
    2011年から多くのファンに愛され続けているチョコレートパフェ
  • リンツ ショコラ カフェ 「リンツ・ショコラグラッセリエジョワ」
    銀座店で定番人気のエレガントなリエジョワ

    ★2018年版から新登場!
  • ドゥバイヨル 「パルフェ ショコラ」
    ドゥバイヨルから待望のチョコレートパフェが新登場
  • パティスリー&カフェ デリーモ「ショコラオランジュ」
    オレンジが煌めきショコラとマリアージュするチョコレートパフェ

※時期によりパフェの内容・デザインが変更になっていることがあります。
 

ピエール マルコリーニ 「マルコリーニ チョコレート パフェ」

ピエール マルコリーニが日本に上陸、銀座にチョコレート色のブティックができたのは2001年12月8日のこと。その後ビルが建て替えられ、2015年12月にリニューアルオープンしてからも、変わらず愛され続けているチョコレートパフェです。

マルコリーニ チョコレート パフェ

マルコリーニ チョコレート パフェ 1728円(税込)

シンプルで美しい形が魅力。私は2001年のオープン時から、銀座へ何度もこのパフェを食べに足を運んでいます。

印象的なのはフレッシュなバナナ。バナナの香りが鼻をくすぐり、そしてチョコレートを味わう。このどこか懐かしい香りの組み合わせにふう、と心癒やされるひとときがあります。

トップにはマルコリーニオリジナルクーベルチュール(製菓用チョコレート)を使ったチョコレートアイスクリーム、そしてベリーのような風味の甘酸っぱいチョコレートムース、無糖の生クリーム。その下にはなめらかなチョコレートソースと、バニラのアイスクリームが入っています。アイスクリームはキッチンで作られる自家製です。

銀座のカフェスペースはカウンターバーがあります

カフェスペースはバーカウンターがあります。

ブティックのリニューアル後はインテリアも照明も変わり、よりモダンな空間になりました。くつろげるブース席はもちろん、バーカウンターでの時間も心地良く、一人で訪れてもリラックスできる雰囲気です。

パフェに使われているチョコレートアイスクリームは、購入可能ですのでお手土産にも。トップに添えられるチョコレートも「パレファン」としてセットボックスで購入可能です。パフェにのる種類は日替わりですが、今日はどんなカカオのチョコレート?なんて考えながらパフェが出てくるのを待つのも、チョコレートファンにとって楽しい時間といえます。

コーヒーは自家焙煎を使用

パフェとコーヒーのセット 2268円(税込) コーヒーは自家焙煎のものを使用

少しゆっくりできるときは、自家焙煎の美味しいドリップコーヒーとのセットをぜひ。おすすめです。

パフェにのったチョコレートをまず最初にお皿にのせておいて、後でコーヒーと一緒にいただくことにすると、最後にまた、幸せな時間が待っています。

DATA
■ピエール マルコリーニ 銀座店
住所:東京都中央区銀座5-5-8
TEL:03-5537-0015
営業時間:11:00~20:00(19:30LO.)、日・祝11:00~19:00(18:30LO.)
店舗詳細:http://www.pierremarcolini.jp/shop/ginza.html

■他店舗:http://www.pierremarcolini.jp/shop/
 

ショコラティエ パレ ド オール 「パフェ パレドオール」

2014年5月22日のデビュー以来、年間を通してチョコレートファンの方はもちろん、パフェ愛好家の間でも大人気。

もはやまずは押さえたいチョコレートパフェの定番ともなった「パフェ パレドオール」です。チョコパフェファンのみなさん。新丸ビルへ走りましょう!

パフェundefinedパレドオール 1728円(税込)

パフェ パレドオール 1728円(税込)

チョコレートを知り尽くしたショコラティエ 三枝俊介シェフが、チョコレートラバーのために作った「パフェ パレドオール」。

なんと10種類以上ものチョコレートのパーツが使われ、それらはすべて手作りの自家製。チョコレートまでもがカカオから作られる自家製とあって、実は驚くほど手が込んでいます。

エレガントに楽しめるチョコレートパフェ

エレガントに楽しめるチョコレートパフェ

グラスの底にはホワイトチョコレートを使い、ふわりと泡立てたクリーム、その上にはチョコレートの風味がぐっと濃厚な自家製チョコレートソルベ(私はこのクリームもソルベも大好きです)。さらにはカカオ豆で香りをつけたというオリジナルバニラアイスクリーム。

カカオ豆からチョコレート作りを手がける三枝俊介シェフならではの多数のパーツです。

アクセントは、サクサクとしたクッキー生地(ロイヤルティーヌ)と、チョコレートをかけたドライフルーツ入りグラノーラ。食感を与え、ソルベ、アイスクリームがとろりと絡まりあいます。

自家製ショコラをソルベとベリーのソルベを引き立てて

自家製ショコラをソルベとベリーのソルベを引き立てて

トップの3種のアイスクリームとソルベが華やか。チョコレートのアイスクリーム、ホワイトチョコレートのアイスクリーム、そして赤ワインを少し加えた自家製フランボワーズのソルベ。白、赤、チョコレート色、です。

フランボワーズは、ベストなものをシェフが厳選してフローズン状態に。このフランボワーズのシャーベットのような食感と、きりっとした甘酸っぱさが、パフェを引き締めます。

ロゴ入りチョコレートを使った、丸やスティック状のチョコレート、涼しげな飴細工は立体的で、ヴィジュアルからもワクワクするような躍動感が伝わってきます。
単一でも美味しい多くのパーツが、1つのグラスの中で無限に組み合わさり、食べ手はそのマリアージュとストーリーを楽しむ。美味しいチョコレートパフェは、グラスの中のエンターテインメントです。

「パフェ パレドオール」は、チョコレートパフェの楽しさと世界観を教えてくれます。

※このパフェは定番ですが、季節によってシーズン限定パフェと入れ替わります。季節限定パフェも常にSNSを賑わし大人気!シーズンパフェのスケジュールや詳細は、公式サイトをこまめにチェック、または店舗にお問い合わせください。

DATA
■ショコラティエ パレ ド オール 東京
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング1F
(東京駅のすぐそばです)
TEL:03-5293-8877
営業時間:11:00~21:00(20:30LO.)、日・祝 11:00~20:00(19:30LO.)
店舗詳細:http://www.palet-dor.com/info_pale.html

■ショコラティエ パレ ド オール 大阪
住所:大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 4F
TEL:06-6341-8081
営業時間:11:00~20:00(19:30LO.)
店舗詳細:http://www.palet-dor.com/info_pale.html

 

ユーゴ アンド ヴィクトール 「パフェ ショコラ」

2010年パリ7区にオープン。日本では2011年のサロン・デュ・ショコラに初出展し、チョコレートファンを中心に人気ブランドとなりましたね。「ユーゴ・アンド・ヴィクトール」のコンセプトショップが表参道ヒルズにオープンしたのは2016年4月のこと。

豊富なカフェメニューが魅力のこのショップで、チョコレートパフェが楽しめます。

チョコレートパフェundefined1728円(税込)

チョコレートパフェ 1728円(税込)

日本で「パフェが人気」、と知ったユーグ・プジェ シェフが作った日本のショップのための限定メニュー。

長年レストランでデセールを作っていたご経験があるシェフですから、その場でパーツを組立てて作るパフェのようなデセールはお得意です。伺ったときには、オープンキッチンで実際につくっていただくことになりました。

目の前で手際よくパフェを作るユーグ・プジェシェフ

目の前で手際よくパフェを作るユーグ・プジェシェフ

グラスの中には、まず小麦粉を使わないビスキュイ、無糖の生クリーム、そして自家製のキャラメルをたっぷりと!

続いてペカンナッツ、チョコレートのソフトクリームをのせて、自家製アイスクリームをしっかりと大きめに1スクープ。さらに生クリーム、キャラメルソース、チョコレートのプレートを加え、最後にマカロンをあしらい……、

あっという間に組み立ててくださいました!

あっという間に組み立ててくださいました!

このパフェの特徴は、スペシャリテでもあるチョコレートケーキ「ジョルジュ アマド」をチョコレートパフェとして表現していることです。

ペカンナッツ、バニラ、チョコレートのマリアージュを楽しむ「ジョルジュ アマド」は、パリではパウンドケーキやアイスクリームなどにも形を変えています。

チョコレートのアイスクリームとソフトクリームがたっぷり

チョコレートのアイスクリームとソフトクリームがたっぷり

いただいてみると、ペカンナッツの香ばしさが良いアクセントとなり、パフェをどんどん食べ進めさせてくれます。

チョコレートのソフトクリーム、アイスクリームがたっぷり入っていますが、最後に口の中が冷たく終わらないのがこのパフェのうれしいところ。最後にサクッとしたビスキュイとふわふわの生クリームが底に残り、冷たすぎず、やさしい余韻です。

シックでモダンなカフェスペースで、ユーゴ アンド ヴィクトールの世界感とともにパフェを楽しんでください。

DATA
■ユーゴ アンド ヴィクトール 表参道ヒルズ店
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館1F
TEL:03-6434-0912
営業時間:月~土 11:00~21:00 (20:30LO.)、日 11:00~20:00 (19:30LO.)
店舗詳細:http://hugovictor.jp/shoplist/?link=HD_shoplist

※パフェのデザイン、詳細は時期により、変更されることがあります。
 

和光アネックス ティーサロン 「チョコレートパフェ」

銀座の上品な落ち着いた空間で、チョコレートパフェを楽しみたいとき。ぜひ、和光アネックス ティーサロンへお出かけください。

大変人気の高いサロンなので、お待ちになっている方がいらっしゃる時間も多いものの、待ってでも召し上がる価値のあるチョコレートパフェが、ここにはあります。

チョコレートパフェ 1944円(税込)

チョコレートパフェ 1944円(税込)

和光の「チョコレートパフェ」は、テーブルに咲いた一輪のお花のようです。和光のティーサロンは大人のための空間。シックな色調でしつらえたエレガントなインテリア、そして銀座の街を見渡せる、陽光が差し込む美しい空間が、一層このパフェの佇まいに、輝きを添えています。

チョコレートが繊細なお花のように

チョコレートが繊細なお花のように

テーブルに運ばれてくると、お花のようなチョコレートにしばらく見とれてしまうかもしれません。こちらはカカオ54%のチョコレートを使い、手作業で丁寧に作られます。まずは、この花びらのようなチョコレートの、パリッとした食感とお味を楽しみましょう。

お花の次に、スプーンでいただくことになるのは、ふんわりしたチョコレートの生クリーム。私はここでふわっ、と心がやすらぎます。こちらはカカオ64%のチョコレートを使用、さらに1層、ほのかな甘さの生クリームが加わり、その中心に、自家製の濃厚なビターチョコレートのアイスクリームが入っています。

そしてグラスを横からご覧くださいね。

グラスの途中に空間があります

グラスの途中に空間があります

このパフェには、中ほどに「空間」があります。

中心にリング型のチョコレートプレートを入れることで(私はこのチョコレートの厚みが程よくて好き。こちらもお花と同じ、カカオ54%です)、パフェの間に空間ができています。これは、ヴィジュアルとパフェの味の印象を、軽やかにするための工夫。

空間の層の中には、サクサクとした食感のナッツのキャラメリゼ(アーモンド、くるみ、ピスタチオ、松の実)、パイ生地のホワイトチョコレートコーティング、そしてチョコレートの生クリーム、チョコレートソース、ラム酒で風味づけしたバナナのフランベ入りのバニラアイスクリーム、バナナのピューレが入っています。

最後まで、トップの「チョコレートのお花」を少し残しておくと、最後にやわらかくなったチョコレートとバナナが調和、新しいチョコレートの美味しさを楽しめますので、試してみてくださいね。

銀座に咲いた一輪のチョコレートのお花のよう

銀座に咲いた一輪のチョコレートのお花のよう

このパフェは余韻の爽やかさ、軽やかさが好きです。最後に、少し酸味のあるバナナの風味が心地良く、「もう一度、食べに行きたいな」と、このお味の記憶が蘇ります。

「チョコレートパフェ」は、2011年12月に初めて限定メニューとして登場しましたが、好評だったため、2012年から通年メニューとなりました。

チョコレートに詳しいファンだけでなく「幅広く多くのお客さまに愛され、また食べたい、と思っていただけるように」との願いこめて、レシピを大切に継承しています。

銀座でのお買いものの途中に、ご家族とのひとときに。きっとこのパフェが、記憶に華を添えてくれることでしょう。

DATA
■和光アネックス ティーサロン
住所:東京都中央区銀座4-4-8 和光アネックス2F
TEL:03-5250-3100
営業時間:10:30~19:00LO. (日・祝18:30LO.)
店舗詳細:https://www.wako.co.jp/store_information/main/annex/tea_salon/ 

 

リンツ ショコラ カフェ 「リンツ・ショコラグラッセリエジョワ」

リンツ ショコラ カフェで大人気のリエジョワをご紹介しますね。

こちらはもともと2011年、銀座店1周年を記念して夏季限定デザートとして登場したのですが、好評だったため、リクエストに応えて2012年春に再登場。現在は銀座店の定番メニューです。

リンツ・ショコラグラッセリエジョワ

リンツ・ショコラグラッセリエジョワ 本体価格1477円、税込価格1595円


スラリと背の高いグラスに入った美しいリエジョワ。銀座店の高級感あるインテリアにふさわしいエレガントな雰囲気です。

このリエジョワは、アイスチョコレートドリンク感覚のパフェ、といえそうです。「アイスチョコレートドリンクもいいけどチョコレートアイスクリームも、でもパフェのような華やかさもほしい」なんて気分にぴったり! 他にないバランスが人気の秘密かもしれません。

中間部分は、70%カカオのアイスクリームが入った冷たいチョコレートドリンクなので、途中まではスプーン、後半はストローでいただくこともできます(リエジョワの語源は諸説ありますが、元々は生クリームなどをのせた、コーヒーやチョコレートのドリンクです)。

バニラが甘く香るふわっふわの生クリーム、その下はチョコレートドリンクで囲まれたダークチョコレートのアイスクリーム。薄い板チョコレートを挟んで、底にはクルスティヤン(ヘーゼルナッツのクッキーを砕いたもの)が入っています。

リンツ・ショコラグラッセリエジョワ

トップにはアーモンドのヌガティーヌとリンツのロゴ入りチョコレート

ちなみに、私は特に暑い季節にこのリエジョワをいただき「生き返る~」などと心の中でつぶやいていますが(笑)食べ方のポイントとして初めての方にお伝えしたいのは、途中、よきところで下のチョコレートをスプーンで、コツン、と迷わず割ってください。 上下をわけているチョコレートを割って、クルスティヤンと混ぜたいわけです。このクルスティヤンと混ざったチョコレートドリンクが美味しいです(割らないと、クルスティヤンだけをサクサクいただくことになります。それはそれで美味しいのですが)。

そしてコーヒーのほろ苦さがお好きな方はこちらをどうぞ。

リンツ・モカグラッセリエジョワundefined本体価格1477円、税込価格1595円

リンツ・モカグラッセリエジョワ 本体価格1477円、税込価格1595円

「リンツ・モカグラッセリエジョワ」は、上のトッピングだけが違います。コーヒー風味の生クリームと、コーヒービーンズとカカオパウダーが、ビターな味わい。私はこちらも好きです。

DATA
■リンツ ショコラ カフェ 銀座店
住所:東京都中央区銀座7-6-12 
TEL:03-5537-3777
営業時間:平日11:00~22:00、土・日・祝11:00~20:00
店舗詳細:http://www.lindt.jp/contents/shop/7/
※リエジョワ以外に、季節の期間限定チョコレートパフェも登場します。公式サイトをチェックしましょう。

※グラス入りのリエジョワは銀座店限定、銀座以外のリンツ ショコラ カフェ全店(アウトレット店をのぞく)では、プラスティックカップに入った「リンツ・ショコラグラッセリエジョワ」を802円(税込)で販売しています。
 

ドゥバイヨル 「パルフェ ショコラ」

ファンの方はお待ちかね、ですね。ベルギー発の人気ブランド「ドゥバイヨル」から、ついにチョコレートパフェが登場しました。2018年5月30日にメニューになったばかりの新作です。

ドゥバイヨル 「パルフェショコラ」1512円(税別)

ドゥバイヨル 「パルフェショコラ」1512円(税別)

ご覧ください。美しい立ち姿。そしてザ・チョコレートカラー。いいですねー!(チョコレートファンの方は、チョコレートが主役のチョコレートカラーのパフェにときめきませんか?)

このパフェは、ベルギー本国で作られている人気の「グラス ショコラ」(チョコレートアイスクリーム)と、新登場の「ソルベ ショコラ ノワール」(チョコレートのソルベ)を両方堪能できるパフェ。新作のソルベはちょっと粘りのある食感、なのにさっぱり。ユニークです。

ドゥバイヨル 「パルフェショコラ」1512円(税別)

ドゥバイヨル 「パルフェ ショコラ」1512円(税込)

スタイリッシュな店内にふさわしい、すっきりとしたデザイン。

ふわっふわの生クリームが、濃厚なアイスクリームにミルク感を加え、包み込むので冷たすぎず、やさしい印象。

また、カリカリにキャラメリゼしたヘーゼルナッツがとても美味しいので味わってください。食べ続けていると、割と底の方にまでへーゼルナッツが落ちてきて、それが思いがけない嬉しいアクセントに。

キャラメリゼしたヘーゼルナッツとココアクランブルがアクセント

キャラメリゼしたヘーゼルナッツとココアクランブルがアクセント

サクサクのココアクランブル(チョコレートのクッキー)もこのパフェのためだけに作られています。溶け始めたチョコレートアイスクリームが染み込むと、しっとりやわらか、ここも美味しいところです。

ドゥバイヨルにありそうでなかった、チョコレートパフェ。おなかいっぱいになりすぎないサイズ感は、大人の方にも。

丸の内店で販売が始まっていますが、2018年6月15日からは三越銀座店でも販売となります。

どちらも駅からすぐそばでとても便利。丸の内で、銀座で、ショッピングや散策途中に、ぜひ味わってくださいね。

DATA
ドゥバイヨル 丸の内オアゾ店
価格:税込 ¥1,512 (本体価格 ¥1,400)
住所:東京都千代田区丸の内1-6-4オアゾショップ&レストラン1F
営業時間:9:00~22:00(LO21:30)
www.debailleul.jp
 

パティスリー&カフェ デリーモ 「ショコラオランジュ」

東京ミッドタウン日比谷のB1に、人気チョコレートパフェがあります。パティスリー&カフェ デリーモの「ショコラオランジュ」。

赤坂のお店(2018年3月29日から東京ミッドタウン日比谷に移転)の頃からのファンも、多いかもしれませんね。

「ショコラオランジュ」1290円(税込)

「ショコラオランジュ」1290円(税込)

赤坂のお店で人気が高かったチョコレートパフェ「ショコラオランジュ」は日比谷でも健在。そしてうれしいことに構成と素材を見直し、さらにバージョンアップしています。

特徴はチョコレートをフレッシュフルーツとあわせ、みずみずしくまとめていること。チョコレートの風味が、フレッシュフルーツの果汁が持つ苦味や酸味と調和して、爽やかです。

フレッシュオレンジが輝いています!

フレッシュオレンジが輝いています!

「チョコレートとオレンジはあう」と言われるとき、オレンジのコンフィとチョコレートの組み合わせであることが多いと思います。ところがこのパフェはフレッシュなオレンジ、グレープフルーツと調和しています。

構成は、下から56%のショコラソース、フィヤンティーヌ、ディアマンショコラ、オレンジ&ピンクグレープフルーツのマリネ、ショコラアイス、ショコラクリーム、オレンジ&ミント、ブラッドオレンジのシャーベット、トップの薄いプレート状のチョコレート。

彩りにとどまらず、お味の上でフレッシュフルーツ際立っていますが、ではチョコレート感が弱いのか、というとそうではありません。ショコラクリームの中に、大きめに砕いたチョコレートが入っていたり、ディアマンショコラ(チョコレートクッキー)、さらにはショコラソースと、いくつものテクスチャーで、チョコレートを最後まで感じられる工夫があります。

トップの方にあるチョコレートクリームの中にはチョコレートチップ入り

グラスの縁にみえるチョコレートクリームの中にはチョコレートチップが入っています

私が個人的に面白さを感じているのは、ショコラクリームの中のチョコレートチップの存在です。

このチョコレートはヴェイス社のアカリグア(カカオ分70%)。このチョコレートチップが結構後半まで残っていて、グラスの下の方まで落ちてきます。

そして終盤、ディアマンショコラ、フィヤンティーヌがチョコレートソースと混ざってきたあたりで、「あ、このチョコレートってこういう風味だったんだ」とわかります。これは後半、グラスの中の温度が上がっているからで……と細かいようですが(笑)体験してみてください(江口シェフいわく、チップに砕くサイズも重要だそう)。

中盤のオレンジ&グレープフルーツは自家製シロップでマリネにすることで、フレッシュフルーツの風味が引き立ち、チョコレートと調和しています。

東京メトロ「日比谷」駅直結。ラストオーダーが22時ですから、ワインと一緒に締めパフェ、も素敵かもしれませんね。

DATA
パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷店
場所:東京ミッドタウン日比谷B1F
営業時間:11:00~23:00(L.O22:00)
http://www.de-limmo.jp/

「チョコレートパフェ厳選7」いかがでしたか?

はい、即スケジュールを開いて日程調整!(笑)いつ行こうかしら、誰かを誘おうかな……と考えを巡らせつつも、ひとりで堪能するのもよいですね。お店の方に伺うと、ひとりでパフェを食べに来る方は、男女共に多いそうです。

全素材を厳選、美味しさを追求して作られたチョコレートパフェは、おなかだけでなく心を満たしてくれるもの。そして何度リピートしても、その度ごとに、幸せな気分を届けてくれます。

日頃がんばっているご自分へのご褒美に、デートを盛り上げたい時、そしてチョコレート好きなお友だちと一緒に。色々なシチュエーションで、チョコレートパフェタイムを楽しんでくださいね。