だんだんと夏に近づく季節、クールビズのルールをチェック

梅雨からは毎日の気温は急上昇し、だんだんと夏に近づいていく感じがします。電車に乗っていると、ネクタイをはずした男性が増え、クールビズがずいぶん定着してきたことを実感しますね。今回は、夏のオフィスファッションについて見てみましょう。

※クールビズについての最新情報は「もうすぐクールビズ! 期間や服装マナーをおさらい」もあわせてご覧ください。
 

下着が見えるのはNGと心得る

下着チェック
胸元、脇、かがんだ時など、下着が見えていませんか? オフィスに向くかどうかをチェックして

どうしても薄着になるこの季節ですが、かがんだ時や物を取ろうとして腕を伸ばした時など、胸元、脇から下着が見えるのは、NGです。階段を上がる時、下から下着が見えないようにスカートの裾を押さえたり、何かで隠さないといけないような服装はオフィスには向きません。

最近は、ブラやキャミソールもストラップがキレイなものや、柄や素材など人に見せてもOKなものもあります。また、寄せて上げてのブラも人気ですが、いくらきれいに谷間を作れたとしても、オフィスでは胸の谷間を強調するような服装や下着をわざと見せるような服装は避けましょう。

下着が見えるのを気にして動きが制限されるような服は、もう一度、オフィスでのファッションとして適しているかを考えたほうが良いですね。
 

肌見せは、どこまで大丈夫?

キャミソール
涼しいし、可愛いキャミソールもオフィスには不向き。男性だけでなく、女性だって目のやり場に困ります

最近は、キャミソールを外出着として普通に着るようになってきましたが、キャミソール・タンクトップはオフィスではNG、と覚えておきましょう。胸元が大きく空いた服は男女問わず目のやり場に困りますし、胸元を隠しながらでは仕事に集中できません。また、周りの人も気が散ります。基本的に、肌の露出はオフィスではNGなのです。

仮にシャツで通勤したとしても、ボタンのはずし方にもマナーがあります。第1ボタンなら開けても問題ありませんが、第2ボタンを外すと胸の深いところまで開いてしまうようなシャツの場合、第2ボタンをちゃんと止めておきましょう(シャツの作りにもよりますが)。

最近は、ノースリーブのサマーセーターを着る人も多いようなので、脇から下着が見えないように注意しましょう。
 

サンダル・ミュール通勤はOK、でもオフィスで履き替えて

ミュール
ミュールは、涼しいし、楽だしと通勤に履いている人は多いですが……

サンダル・ミュールについては、職場でOKとされている比較的自由な社風のところもあれば禁止されているところもあり、賛否両論分かれるところ。それでも最近では、通勤時にサンダルやミュールを履くのは、許容範囲でしょうか。

ただし、オフィスに着いたら、きちんとした靴に履き替えましょう。ロッカーに置き靴をしておくといいですね。ただし、オフィスに生足はNGなので、靴を履くときにはストッキングも履くようにしましょう。

ミュールで通勤する時も歩き方には気をつけてください。駅やオフィスの階段をカンカンカンと大きな音を立てながら昇降する女性の姿は美しくありませんし、人を不快にさせます。また、最近は夏でもブーツを履く人がいますが、オフィスシーンでは、これもやはりNGでしょう。
 

「仕事がしやすいか」で判断、スカート・ハーフパンツ

ミニスカート
どんなに可愛くてもカッコよくても、オフィスに向く服装かどうかを考えて。

ミニスカートは、仕事には向きません。膝が隠れる程度の長さが適当と覚えておきましょう。下着が見えないかどうかが気になって動き回れないものは、オフィスのファッションとしてNGであることは言うまでもありません。

ハーフパンツは素材とデザインや丈にもよりますが、ジャケットと一緒に着て「きちんと感」が出せるものであれば、ぎりぎり大丈夫でしょう。また、長さのある普通のパンツでも、しゃがんだ時に腰のあたりに下着が見えないように気をつけましょう。
 

ネイル

夏になるとちょっとビビッドな色に挑戦したくなりますが、オフィスでは控えて下さい。お客様と直接お会いする仕事でない場合も、「ネイルアート」はやはりNG。フレンチネイルや控えめなピンク、ベージュぐらいであれば問題ないでしょう。
 

オフィスファッションは「動きやすく・機能的」に

オフィスでのファッションは、「動きやすく・機能的」が基本です。

さらに、「オフィスで着替えればいいんでしょ」とばかりに、通勤着であれば何を着てもいい、というわけでもありません。通勤途中でもお客様、あるいは取引先の人にいつどこで見られているかわかりません。「いつも気を抜くな」とまでは言いませんが、どんな時に会っても失礼のない服装を心がけましょう。

服装に対するマナーや感覚は、業界や企業、職種によって異なるため、これが正解でこれは不正解、と明快な線引きをするのは難しいところです。個性も大切ですし、自分もある程度まではファッションを楽しみながらも、やはり「人に不快な思いをさせない」ということが、ビジネスマナー的には大きなポイントになるでしょう。

■All Aboutビジネスマナー関連記事
夏の職場ファッション、どこまでOK? (All About 女性のキャリア)
ビジネスファッションチェック(All About 女性の仕事カタログ)