1000万円貯金がない人も大丈夫!コツコツと毎月5万円貯金を続ければ…

貯金なし世帯も増えていますが、貯金がなかなか増えないとボヤいている人も多いと思います。今貯金が少なくてもあきらめないでください。


もう既に1000万円の貯金がある人と、毎月5万円ずつ貯められる人、30年後リッチになるのはどっちでしょうか?実は今、貯金がなくても大丈夫!コツコツ貯めることでお金は増えていくのです。
 

コツコツ貯めることの大切さ

コツコツ貯めることの大切さ

カメ子さんとウサ子さん

「お金がなくって、なかなかお金が増えないんです」そんな悩みを抱える人は多いですね。

ここにあなたと同じように悩んでいる、カメ子さんがいます。カメ子さんの同期には、実家がお金持ちのお嬢様、ウサ子さんがいました。

カメ子さんは、独身で1人暮らし。都会の1人暮らしは、何かとお金がかかり、今までお金を貯められずに過ごしてきました。

一方、ウサ子さんは、ご両親がウサ子さんのために貯めてくれたお金がすでに1000万円あります。

30才のお誕生日、カメ子さんは「もう、30才なのに貯金がないなんて……」と、一念発起し、毎月やりくりしたお金の中から5万円を積み立てる事にしました。同期のウサ子さんは、実家に住んでいるので、お給料は入っただけ使う生活。でも、1000万円の貯金があるので危機感はありません。

30年後、60才になったふたりはどうなったでしょう?
 

今、貯金が少なくても大丈夫

早速、カメ子さんとウサ子さんの貯金を見てみましょう。

■カメ子さん
毎月5万円を30年貯めました。
5万円×12か月×30年は?

じゃ~~ん!!
1800万円です。

何と、1800万円も貯まったのです。でも、これはまだ利息がついていない積立額だけのお話。現在はなかなか金利の良い商品が見つからない、低金利時代ではありますが、今後利回りが良い商品をつかったときには利息も増えていきます。そのあたりも含めて考えてみましょう。

金利が1%なら、およそ
2098万円!!

金利が3%なら
2913万円!!

では、リッチなウサ子さんはどうなったでしょう。

■ウサ子さん
結局あれから、1000万円の貯金はそのまま30年が過ぎました。

30年後の1000万円は?

金利が1%なら、およそ
1347万円……。

金利が3%なら
2427万円。

どうです?カメ子さんの方が、金利1%で約750万円。3%で約480万円もリッチになっているのです。何もしないお金持ちのウサ子さんよりも、じっくり増やすカメ子さんの方が最後に勝つのです。でも、毎月5万円貯められなくても、大丈夫!1000万円は、ちゃんと貯まりますよ。

さあ、カメ子さんになりましょう

低金利の時代でも、毎月どこかに消えてしまう5万円を積極的に貯める事によって、30年後には1800万円になっています。もし5万円が難しくて夫婦で1万5000円ずつ、毎月3万円しか貯められなかったとしても、30年後には……

3万円×12か月×30年=1080万円
やった!1000万円超えます。

1000万円は急には貯まりませんが、知らずに貯まる仕組みを作れば、貯まらない額ではありません。
 

実は、わたしもカメ子さんでした

なぜ、貯まらない額ではないと断言出来るかと言えば、わたし自身がカメ子さんだったからです。結婚ホヤホヤの、まだFPになるずっと前の話です。結婚したから、保険に入っておこうとまず近所の郵便局に相談に行きました。すると、やさしそうなおじさんが

「まだ、若いから頑張ってお金を貯めた方がいいですね。この保険に入っておけば、15年後には1000万円貯まるから、それでお家を買ったり出来るでしょう」

と、薦めてくれたのです。

当時、東京に出て来たばかりで仕事もあまりなく、若い夫婦の最低瞬間世帯年収は200万円台というあり得ない少なさ。1000万円貯めるというと天文学的数字のような気がしたものです。でも、頑張って仕事をしながらおじさんの薦めてくれたの保険料を払っていたら、ちゃんと1000万円貯まるではありませんか!現在はマイナス金利導入で、状況がちがっているところもありますが、当時は毎月5万円ずつ金利1%で貯金したのと同じ位お金が貯まり、おまけに死亡保障と入院特約などなどのおまけつきという、ありがたい商品でした。
 

コツコツ1000万円目指しましょう

さあ、あなたもカメ子さんを目指しましょう。

■最初にする事
いつまでに1000万円貯めるかを決めましょう。そして1000万円を○年で貯めるには、毎月いくら貯めればいいかシミュレーションしてみます。

■方法を考える
1000万円をどの方法で貯めるか、作戦を立てます。

・カメ子作戦
ゆっくりのんびり、でも確実に1000万円を貯めます。一番簡単な方法は、いつも利用する銀行の積立定期預金を始める事。普通預金口座に入れておくだけではどこかに消えてしまいます。毎月3万円なら、30年後には利息なしでも1080万円になります。退職金を自分で積み立てるイメージです。

自営業者なら個人型確定拠出年金(iDeCo)や、小規模企業共済を利用すれば、貯めたお金(掛金)が所得から控除されるというメリットもあります。

・チュー子作戦
お金にも働いてもらって増やす作戦です。この作戦は、お金が減ってしまうリスクもあるので半年から1年分の生活費が貯まってからがお勧めです。毎月、決めた金額をいろいろな金融商品に投資します。投資信託も毎月積立が出来ますし、外貨預金も少額から出来ます。

ここで大切なのは、「いろいろな金融商品」に投資するという事。ドル預金だけ、日本の1つの企業の株だけでは、リスクが分散出来ず自分の財産がその1つの投資先の運命にゆだねられてしまうことになるからです。貯金や株や債券など、自分の資産をどんな組み合わせにするのかは、とても大切でポートフォリオを作ると言います。具体的には、同じ値動きをしない物を組み合わせてリスクを分散します。運用成績がいい、違った値動きをする物を選ぶことです。

いかがでしたか?1000万円貯める目的も、期間も、お金に対する考え方も十人十色。だから、しっかりと自分にあったお金の増やし方が出来るといいですね。